旧友の依頼で、マープルは変わり者の男と結婚したキャリイという女性の邸を訪れた。その家は非行少年たちを集めた少年院で、異様な雰囲気が漂っていた。キャリイの夫が妄想癖の少年に命を狙われる事件が起きたのも、そんななかでだった。しかも同時刻に別室で不可解な殺人事件が発生していた!

ジャンル
出版社
早川書房
掲載誌・レーベル
クリスティー文庫
ページ数
384ページ
電子版発売日
2012年02月17日
コンテンツ形式
XMDF
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

魔術の殺人

Posted by ブクログ 2016年09月08日

 相変わらずクリスティーは心理描写が上手すぎてそこらの小説よりも安心して読める。

 ストーリーを読み進める中で何処を軸に推理を進めれば良いのか迷ってしまった。一瞬だけあの方法を想像したもののあまりにも想像の域を出ない推理だったのですぐに放棄してしまったくらい。
 今回登場する容疑者は主に三つのタイ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

魔術の殺人

Posted by ブクログ 2012年09月21日

初めて呼んだクリスティーさんの作品がこれでした。
ミス・マープルの可愛らしさからの推理が大好きでした。

このレビューは参考になりましたか?

魔術の殺人

ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年08月04日

ミス マープルものだと知らずにテレビで見て、それから数年たってから小説を読んだ作品です。

本を読むときには、結果を知っていたので、映画と文学の違いを楽しみながら読みました。
結論がわかっていても、そこまでの筋を文学としてはどのように記述するのかということを楽しみました。
細かいところはもう忘...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

魔術の殺人

Posted by ブクログ 2015年05月14日

マープル第五作。
事件発生までの人物描写と、
それを元にした推理、解決の流れが
これまで読んだマープルの中で一番良かった。
彼女が魔女みたいな気もしてくる。

このレビューは参考になりましたか?

魔術の殺人

Posted by ブクログ 2012年11月04日

事件自体はシンプルで犯人はすぐに分かってしまったけど、事件が起きるまで、ミスマープルが話の中心だったところは、ちょっと新鮮だった。学生時代の友人を助けにいく話なのだけど、この友人がちょっと不可思議な人。その謎が分かった時は、ちょっと感動した。

このレビューは参考になりましたか?

魔術の殺人

Posted by ブクログ 2014年12月20日

一度ドラマで見たことがある話だったので、犯人も知っていたのに、本で読むとドラマでは語られなかった詳細もあり、新鮮な気持ちで読めた☆ミスマープルの優しさと、旧友の真の姿が印象的。

このレビューは参考になりましたか?

魔術の殺人

Posted by ブクログ 2012年12月25日

慌てて読んだから読み落としてるところはたくさんありそうだけど、やっぱりクリスティは面白い!
トリックというよりは、物語が面白い。

このレビューは参考になりましたか?

魔術の殺人

Posted by ブクログ 2010年08月15日

視点を変えれば、世界がそれまでとは全く違って見える。精巧なだまし絵のような、ミス・マープルもの。イギリスの壮麗な大邸宅に、個性的で怪しげな登場人物たちと、クリスティーらしい道具立てが揃っています。トリックよりも、人間性を丹念に描いている作品かも(わたしはマープルものの、そういうところが好き。一見地味...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

魔術の殺人

Posted by ブクログ 2007年05月21日

旧友の依頼で、マープルは変わり者の男と結婚したキャリイという女性の邸を訪れた。その家は非行少年たちを集めた少年院で、異様な雰囲気が漂っていた。キャリイの夫が妄想癖の少年に命を狙われる事件が起きたのも、そんななかでだった。しかも同時刻に別室で不可解な殺人事件が発生していた!

このレビューは参考になりましたか?

魔術の殺人

Posted by ブクログ 2007年01月09日

マープル全作制覇しそうな勢いですよ。昔の友達を助けるべくの村から出張篇。これとライ麦が頭の中で一緒くたになってたのは内緒。ラスト近辺は、マープルのいじわる婆さんぶりが見られてgood。

このレビューは参考になりましたか?