ドクター・ショッピング―なぜ次々と医者を変えるのか―
作者名 :

1巻配信中

価格 648円 (税込)

「頭が重い」「胃が痛む」「激しい動悸がする」など、はっきりした身体症状があるのに、病院で診察を受けると、検査の結果は「異常なし」。そんなはずはない、と患者は、別の医師、別の病院へと足を向ける。幾つもの診療科や病院を次々と渡り歩く行為、ドクター・ショッピングの始まりである。医療の高度化、細分化がもたらしたこの悪循環を断ち切るのは心身医学的医療、全人的医療をおいて他にはない、と本書は力説する。

ジャンル
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮新書
ページ数
188ページ
電子版発売日
2012年02月24日
コンテンツ形式
XMDF
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

ドクター・ショッピング―なぜ次々と医者を変えるのか―

Posted by ブクログ 2011年05月23日

[ 内容 ]
「頭が重い」「胃が痛む」「激しい動悸がする」など、はっきりした身体症状があるのに、病院で診察を受けると、検査の結果は「異常なし」。
そんなはずはない、と患者は、別の医師、別の病院へと足を向ける。
幾つもの診療科や病院を次々と渡り歩く行為、ドクター・ショッピングの始まりである。
医療の高...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ドクター・ショッピング―なぜ次々と医者を変えるのか―

Posted by ブクログ 2007年01月26日

患者さんはなぜドクターショッピングに陥るのか。医科・歯科ダブルライセンスの先生が書かれた本で、特に、顔面・頭頚部のドクターショッピングが多いことに重点を置いて書かれています。

このレビューは参考になりましたか?