「心残りがあるんだ」恋多き学園の"皇子"ヒカル――その幽霊が、是光の前に現れそう告げた。このまま幽霊につきまとわれ続けるなんて冗談じゃない!と渋々"心残り"を晴らす協力をすることにした是光だが、対象の左乙女葵――"葵の上"と呼ばれる少女は、頑なに話も聞こうとせず、生徒会長の斎賀朝衣にも不審がられ、敵視されるハメに。そんな時、ヒカルの死にまつわるある噂が聞こえてきて――!?

ジャンル
出版社
KADOKAWA / エンターブレイン
掲載誌・レーベル
ファミ通文庫
電子版発売日
2012年09月21日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • “葵” ヒカルが地球にいたころ……(1)
    通常版 1巻 669円(税込)
    「心残りがあるんだ」恋多き学園の"皇子"ヒカル――その幽霊が、是光の前に現れそう告げた。このまま幽霊につきまとわれ続けるなんて冗談じゃない!と渋々"心残り"を晴らす協力をすることにした是光だが、対...
  • “夕顔” ヒカルが地球にいたころ……(2)
    通常版 2巻 648円(税込)
    取り憑かれ、うっかり友達になってしまった幽霊のヒカルのため、その"心残り"を晴らす約束をした是光。ヒカルが示した次の相手は、内気な引きこもりの少女だった。夜にだけ咲く儚い花のような少女、夕雨。...
  • “若紫” ヒカルが地球にいたころ……(3)
    通常版 3巻 669円(税込)
    「お兄ちゃんが、ヒカルのお友達……なの?」ヒカルの次の"心残り"は何と、九歳・小学四年生の美少女だった!! ドン引きする是光だったが、見かけによらずしたたかな少女、紫織子には弱みを握られ、ヒカルに...
  • “朧月夜” ヒカルが地球にいたころ……(4)
    通常版 4巻 669円(税込)
    突然葵から「彼氏になってください」と頼まれてしまった是光。そのせいで帆夏ともギクシャクしているところに、さらに"ヒカルの愛人"を名乗る少女、月夜子が現れる。「わたしがヒカルの大事な花を散らさな...
  • “末摘花” ヒカルが地球にいたころ……(5)
    通常版 5巻 648円(税込)
    夏休み。帆夏とプールにいくはずが、何故か紫織子同伴になり、張り合う二人に振り回される是光。一方で、ヒカルの次の"心残り"を晴らすため動き始めるが、「今度の女は、どこのどいつだ」「それが、弱った...
  • “朝顔” ヒカルが地球にいたころ……(6)
    通常版 6巻 648円(税込)
    「ぼくと朝ちゃんの最初の約束を、ぼくの代わりに叶えてほしい」 --ヒカルにそう頼み込まれてしまった是光。犬猿の仲の朝衣と関わるのは気が進まないながらも、しぶしぶ"約束"を果たそうとするが、拒絶す...
  • “空蝉” ヒカルが地球にいたころ……(7)
    通常版 7巻 648円(税込)
    ヒカルの“最愛”。その人の想いを尋ねようと訪れた教会で、是光とヒカルは清楚な女性に出会う。空という名の彼女は、“天使の子”を身ごもっているという……。「どうしよう。きっと僕の子だ」「って、何だとぉ―...
  • “花散里” ヒカルが地球にいたころ……(8)
    通常版 8巻 648円(税込)
    母との別れを支えてくれた葵を、妙に意識してしまい動揺する是光。そんなところに、「ぶ、文化祭の実行委員に、赤城是光くんを、推薦します」みちるの発言に始まり、月夜子主催の日舞研の出し物、朝衣の特...
  • “六条” ヒカルが地球にいたころ……(9)
    通常版 9巻 648円(税込)
    帆夏と葵の告白に返事ができないまま、夕雨と再会した是光。「わたし、笑い上戸になれた、かな?」朗らかな夕雨にドキドキしつつも、揺らぐ自分の心に戸惑うことに。そんな時、学園にまたもや不穏なメールが...
  • “藤壺” ヒカルが地球にいたころ……(10)
    通常版 10巻 648円(税込)
    『わたしとあなたがはじまった場所へ。あなたが裏切った場所へ。約束をはたしに来て』――是光の携帯に届く、"藤乃"から"ヒカル"に宛てたメール。そこには、紫織子の写真が添付されていた……。信州に向かい、...

“葵” ヒカルが地球にいたころ……(1)

Posted by ブクログ 2018年12月30日

全10巻完結。
女の子苦手男子が、モテまくる話。しーこ可愛い。

源氏物語を知るともっと楽しめる。

強い言葉、強い思いも、ともすれば人の足かせにもなってしまう。本当の対等に付き合うのは、守るだけではなく守られること、そんな事を"六条"を読んで感じました。

このレビューは参考になりましたか?

“葵” ヒカルが地球にいたころ……(1)

Posted by ブクログ 2018年12月09日

『文学少女』は面白がりどころがよくわからなく
同じレーベル先達文学賞受賞者作品と同じくへんにミステリなのがなんであったが
こういう作品だとなるほどわかりやすい
伝統正当のらいとのべらないず(=登場人物の個性付けが極端な「キャラクタ小説」化)された少女小説
現代現在を舞台にほどよく浮かせてこういう話を...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

“六条” ヒカルが地球にいたころ……(9)

Posted by ブクログ 2015年01月20日

どうやってまとめるのだろう?と思って読んでいたら、なるほどな展開。
少し弱いかな?と、思っていたら、意外な展開。
あなどれない。

このレビューは参考になりましたか?

“空蝉” ヒカルが地球にいたころ……(7)

Posted by ブクログ 2015年01月08日

読み始めると、途中でやめられずに一気読みでした。ヒカルの秘密が語られているようで、まだ語られてないようで。

このレビューは参考になりましたか?

“朧月夜” ヒカルが地球にいたころ……(4)

Posted by ブクログ 2014年12月19日

源氏物語にインスパイアされながら、なかなかにシビアな展開。
どんどんシビアになっていっているが、大丈夫かな?

このレビューは参考になりましたか?

“藤壺” ヒカルが地球にいたころ……(10)

ネタバレ

Posted by ブクログ 2014年12月14日

ついに完結巻です。
ほぼ新刊を読んでいた(即ではないですが購入はしていた)
文学少女に比べのったり追いかけてしまいましたが、
今回のクライマックスも秀逸でした。

そして、1巻から書きたかったことがやっと感想に書けます。
帆夏ちゃん、おめでとう!
他の巻の感想でも散々書いてますが
彼女が是光のパート...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

“夕顔” ヒカルが地球にいたころ……(2)

Posted by ブクログ 2014年12月03日

扱っているテーマがシリアス。
それを一生懸命解決しようとしているところが好感触。
式部さんがここで動き始めるとは。次巻に期待。

このレビューは参考になりましたか?

“空蝉” ヒカルが地球にいたころ……(7)

Posted by ブクログ 2014年11月10日

ヒカルの子供をお腹に宿したという女子大生「空」は、
一人でその子供を産み育てようとしていた…。

というところからお話は始まります。
結果だけを言えばそれは、想像妊娠であったのですが…。

このお話で大事なのは、ヒカルの最愛の女性が義母で
あったことが明かされるのと、是光くんが、息子を愛せず
家を出...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

“朝顔” ヒカルが地球にいたころ……(6)

ネタバレ

Posted by ブクログ 2014年10月14日

今回のヒロインは朝顔の宮。
この小説の元ネタである源氏物語では、朝顔の斎院と呼ばれ
源氏の求愛を受けながらも拒み通し、知的な斎院として登場
しています。

このお話では斎賀朝衣さんですね。

私自身は、朝顔の宮って、本当はすごく激しく愛されたい
だけど叶わなかった時の自分の心の痛みや衝撃の激しさに
...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

“朧月夜” ヒカルが地球にいたころ……(4)

ネタバレ

Posted by ブクログ 2014年06月23日

源氏物語にはたくさんの女性が登場しますが、どんな女君に
惹かれるかという読み方も、古来からずっとされてきました。

今回の女主人公は「朧月夜」。
月の宮こと月夜子さんです。

自分で好きな女君を挙げろと言われたら
「夕顔」とこの「朧月夜」そして「玉鬘」を挙げるでしょう。

やっぱり自分の好きなヒロイ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?