天使のナイフ

天使のナイフ

作者名 :
通常価格 880円 (800円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

天罰か? 誰かが仕組んだ罠なのか? 生後5か月の娘の目の前で桧山貴志の妻は殺された。だが、犯行に及んだ3人は13歳の少年だったため、罪に問われることはなかった。4年後、犯人の1人が殺され、桧山は疑惑の人となる。「殺してやりたかった。でも俺は殺していない」裁かれなかった真実と必死に向き合う男を描いた、第51回江戸川乱歩賞受賞作。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
ページ数
448ページ
電子版発売日
2011年12月22日
紙の本の発売
2008年08月
サイズ(目安)
1MB

書店員のおすすめ

江戸川乱歩賞を受賞したこの作品は、薬丸岳さんのデビュー作となります。ミステリー作家の登竜門として有名な賞なのですが、毎回、受賞作のレベルの高さは折り紙つきです。その中でもこの作品は、東野圭吾さん、高野和明さんらの受賞作を凌駕する圧倒的な完成度で興奮と感動を与えてくれます。
少年犯罪の被害者家族が主人公という、非常につらい設定にもかかわらず、犯人を憎みながらも強く生きようとする心の揺れに共感し、感情移入していくことになります。
どう考えてもハッピーエンドになり得ない展開なのに、さわやかな読後感を与える終幕は、この作家の今後に大きな期待を持たせる力強さがありました。そして、現在の薬丸岳さんの活躍がそれを証明してくれています。

天使のナイフ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年11月04日

    何も関係のない妻を、まだ生後5ヶ月の娘の前で中学生3人に殺害された桧山。
    少年法の壁もあり、彼らは裁かれもせず、事件後も本当に更正しているのかを知ることも出来ない。
    ぶつけようもない怒りに苦しむ日々。
    そんな中、3人の内の1人が桧山の店の近くで殺された。
    桧山は店で1人で残務処理をしていたためアリバ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月25日

    少年犯罪の被害者と加害者だらけでごちゃごちゃ気味だったけど 少年法の問題提示?と主人公の妻への気持ちが一貫してたので意外とすっきり楽しめた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月17日

    この本を読んでいる最中に、青森八戸の事件が‥
    なんでバカなことをしてしまうのだろうか…

    少年法・更生・残された者…色々と考えさせられた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月09日

    薬丸岳先生の代名詞。
    少年犯罪について深く考えさせられます。
    一方的な立場ではなく、色々な立場の人間の視点でしっかりと物語が紡がれているので面白いです。

    少年法って難しいですね

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月23日

    デビュー作にして、2005年第51回江戸川乱歩賞受賞作。
    幼い我が子の前で妻は殺害された。しかし、犯人は13歳の少年達だったため、更生と社会復帰を謳う少年法の精神に則り厳罰に処せられることはなかった。4年後、当時の加害者だった少年が殺されたことから、事件は再び動き出す。最後の最後まで、二転三...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月25日

    凄いね、これがデビュー作とは。『少年法』がテーマ。愛する妻を殺したのは13歳の少年たちだったー。私もかねてから少年法については多かれ少なかれ疑問を持っていたが、本書では被害者・加害者・贖罪....いろいろ考えさせられた。どの立場にたっても感情移入できる描写。そして重いテーマなのに、読み易い。何より二...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月16日

    読んでて心が痛くなるような気持ちにもなりますが、少年犯罪、更生、本当の意味での償いとは、という重いテーマながらページをめくる手が止まりません。おすすめ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月09日

    少年犯罪における更生や贖罪をテーマにした、慟哭の社会派ミステリー。

    雇われカフェの店長・桧山 貴志の妻 祥子が、まだ生後5ヶ月の娘の前で殺された。
    しかし、遊ぶ金欲しさに犯行に及んだという犯人三人組は、まだ13才の少年達であったため、罪に問われることは無かった...

    それから、4年後、出所した...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月04日

    最愛の妻が生後5か月の娘の目の前で殺害された。
    犯人は13歳の少年3人

    少年法に守られ、罪を問われることすらない少年たちへの
    行き場のない怒り

    そして4年後、再び事件が起こる

    さまざまに散りばめられた伏線が一気に回収され
    ラスト数ページはトリハダものです
    子供の犯罪は、加害者も被害者も
    深い傷...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    sosonon 2012年05月21日

    これまで未成年者の凶悪事件って現実にも
    沢山あった そこを題材にして書かれたこの小説
    最初は何か遣るせない気持ちで読んでいたのですが
    読み進むにつれてぐんぐんと引かれた行った
    どんでん返しが次々とあり面白かったです
    少し、勉強にもなりました

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

天使のナイフ に関連する特集・キャンペーン