大塚英志が都市伝説をテーマに描く、コミカルホラーファンタジー。口裂け女や人面犬とともに、都市伝説問題処理係、通称「とでんか」の事件を解決する若き民俗学者の活躍を描く。

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川書店
掲載誌・レーベル
カドカワデジタルコミックス
電子版発売日
2012年08月03日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • とでんか 1巻
    完結
    通常版 1巻 648円(税込)
    大塚英志が都市伝説をテーマに描く、コミカルホラーファンタジー。口裂け女や人面犬とともに、都市伝説問題処理係、通称「とでんか」の事件を解決する若き民俗学者の活躍を描く。
  • とでんか 2巻
    完結
    通常版 2巻 648円(税込)
    都市伝説がらみの事件を扱う「都伝課」。住民から持ち込まれるさまざまな都市伝説関係の苦情、情報を一手にひきうけ、都民の安全を守るため民俗学専攻の大学生・月極駐が大活躍中!?
  • とでんか 3巻
    完結
    通常版 3巻 648円(税込)
    メールを転送しなかった者は殺される”というチェーンメール型都市伝説の登場キャラと同姓同名の、失踪したキャバクラ嬢「橘あゆみ」を捜すことになった、とでんかメンバーたち。そして事件は起こった…!!
  • とでんか 4巻
    完結
    通常版 4巻 648円(税込)
    恩師・宮田教授の依頼で、“活きのいい都市伝説キャラ”を捜すハメになった月極。そんな折、教育実習先の小学校で、生徒から「花子さんを助けて」とお願いされ…《トイレの花子さん編》。
  • とでんか 5巻
    完結
    通常版 5巻 648円(税込)
    未曾有の大震災で噂やデマが横行し、放射性物質による飲み水の危機で混乱が続く東京。月極たちとでんかメンバーは、デマの封じ込めに向け動き出すが…。笹山&綺羅子たちの青春を描いた、スピンオフ編も収録...
  • とでんか 6巻
    完結
    通常版 6巻 648円(税込)
    怪人アンサー、蜜蜂の失踪、ブラウン管テレビの謎、ブラック・アイ・キッズ…、異変は学級崩壊が進んだ小学校で始まった!子供たちの異変を感じた「とでんか」メンバーたちが、都市伝説の域を超えた謎に迫る...
  • とでんか 7巻
    完結
    通常版 7巻 648円(税込)
    これまでの出来事が一つにつながっていくとき、「とでんか」最大の危機と、その秘密…終焉の時が訪れる――。すべては、単なる噂、都市伝説だったのか!? 新・都市伝説コミック完結刊!

とでんか 1巻

Posted by ブクログ 2014年10月30日

都市伝説を取り扱う専門の役所。都伝課。

実在するかは不明。友達の友達から聞いた話。そういう謳い文句が「都市伝説」。
そういった謎の現象を取り扱う役所の話。(もちろん実在はしません。)

都市伝説が実在する世界観なのに模倣した事件として解決していく様が実に面白い。

都市伝説に興味が...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

とでんか 5巻

Posted by ブクログ 2012年07月07日

ステマ的なお話。
まあ、検索エンジン自体が、そのために発達してきたようなとこどろは、あるのかな~。
情報を提供する側の問題ではなくて、1番の問題は、僕たちが、簡単なことがあるともうそちらしか選ばなくなってしまうという部分にあるのかもしれません。

うん、なんか壮大な話になってきた。
なってきただけで...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

とでんか 2巻

ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年04月18日

首相がびみょ~に似てて笑ってしまった。
あの人がモデルということは南戸さんのコスプレはローゼンメイデン?

ぐ~りぐりの人の詳細がすごく気になる。
人面犬と同じ顔してるしどういうことなんだろうなぁ。

このレビューは参考になりましたか?

とでんか 3巻

Posted by ブクログ 2011年11月05日

位置情報が、とられるのがいやだいやだといってる割には、主人公たち、便利に使ってるよな。

そのあたり、話のクオリティーには、何の関係もないけれど…でも、「怖いよ」と「便利だよ」を両方出しちゃうと、「便利」な方に流れていってしまいますよねぇ。
「怖いよ」の方は、あんまり強調されない感じ。

最も、その...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

とでんか 2巻

Posted by ブクログ 2010年03月04日

まぁ、管理されたいかされたくないかといえば、されたくなくて。
でも、自分以外は、管理されていた方が、安心だなぁみたいな……。

そういう安易な気持ちのアンチテーゼとしてあるお話かな。

このレビューは参考になりましたか?

とでんか 1巻

Posted by ブクログ 2009年04月21日

笹山さんサーガらしいです。
都知事になった笹山さん(笑)やってることは、わりと、「黒鷺死体宅配便」みたいな感じです。

まあ出てくるのは、死体ではなくて、妖怪だけど。

そういえば、大塚さんの原作で、「口避け少女 さっちゃん」なんて名作もあったなぁ。

いろんな物が住み着く余裕のある街が好きです。

このレビューは参考になりましたか?

とでんか 1巻

Posted by ブクログ 2009年01月03日

民俗学・都市伝説を基にした漫画です。ふつうに人面犬がいてます。ちょっと不思議な、気持ち悪そうな雰囲気が好きなので…私は好きですこれ。

このレビューは参考になりましたか?

とでんか 7巻

Posted by ブクログ 2015年10月09日

キャラの名前はともかく、それぞれの個性をうまく出して民俗学とかと結びつける大塚さんらしい作品でした。
木島日記とか好きなら読んでみてください。(あれよりは全体的に明るいです。)

このレビューは参考になりましたか?

とでんか 6巻

Posted by ブクログ 2013年06月14日

壮大っぽくて、思わせぶりで楽しいのだけど、「Xファイル」と同じで、お話を先に進める気がないのに気づくと、ちょっと興ざめなんですよね。
そこが、最近の大塚さんのちょっとう~んなところです。

終われないのと、わざと終わらせないのは、また違うと思う。

このレビューは参考になりましたか?

とでんか 6巻

Posted by ブクログ 2013年03月05日

黒鷺死体宅配便の方が出来はいいというか同じく都市伝説を扱ってるからってのもあるが。
笹山サーガとして楽しみのが一番かなあ。

このレビューは参考になりましたか?