津軽三味線を背負い、単身、青森から東京へやってきた津軽三味線奏者・澤村雪(さわむら・せつ)。師でもあった祖父を亡くし、自分の弾くべき音を見失ってしまった雪だが、様々な人と出逢いながら今、自らの音を探す旅を始める。――「赤ちゃんと僕」「しゃにむにGO」羅川真里茂(らがわ・まりも)が贈る、今一番アツい津軽三味線×青春ストーリー!!

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
月刊少年マガジン
電子版発売日
2011年12月09日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50
  • ましろのおと 1巻
    通常版 1巻 432円(税込)
    津軽三味線を背負い、単身、青森から東京へやってきた津軽三味線奏者・澤村雪(さわむら・せつ)。師でもあった祖父を亡くし、自分の弾くべき音を見失ってしまった雪だが、様々な人と出逢いながら今、自ら...
  • ましろのおと 2巻
    通常版 2巻 432円(税込)
    奇想天外な母親・梅子(うめこ)に無理やり入れられた学校にも、徐々に慣れ始める雪(せつ)。ある日、クラスメイトの三味線少女・朱利(しゅり)が祖父の遺した即興曲「春暁(しゅんぎょう)」のフレーズ...
  • ましろのおと 3巻
    通常版 3巻 432円(税込)
    雪(せつ)も入部して、遂に始動した津軽三味線愛好会!雪の母・梅子により設立された「津軽三味線甲子園・松吾郎杯」(!!)に向け練習を始める。しかし、部員が集まらなかったり、指導者がいなかったり...
  • ましろのおと 4巻
    通常版 4巻 432円(税込)
    津軽三味線甲子園「松吾郎杯」にむけて練習を重ねる愛好会の面々。(ほぼ)素人集団で、それぞれの課題を克服できるか!?絶対優勝を狙い、愛好会は津軽での合宿を慣行する!さらに、雪(せつ)の団体戦へ...
  • ましろのおと 5巻
    通常版 5巻 432円(税込)
    津軽三味線甲子園、開幕!!!!!団体戦に出場する雪(せつ)たちの前に、全国の強豪が立ちはだかる!--遂に開幕した津軽三味線甲子園「松吾郎(まつごろう)杯」!!福岡チームや大阪チーム……そして田...
  • ましろのおと 6巻
    通常版 6巻 432円(税込)
    遂に開幕した、津軽三味線甲子園「松吾郎(まつごろう)杯」。初日の団体戦に燃える雪(せつ)たち梅園(うめぞの)学園の面々だが、その目の前で梶貴臣(かじ・たかおみ)が率いる大阪、荒川潮(あらかわ...
  • ましろのおと 7巻
    通常版 7巻 432円(税込)
    過熱する津軽三味線甲子園「松吾郎(まつごろう)杯」、個人戦! 団体戦では端正な演奏で優勝を飾った大阪の梶貴臣(かじ・たかおみ)が舞台に上がる。ライバル達の演奏に触発されながら出番を待つ雪(せ...
  • ましろのおと 8巻
    通常版 8巻 432円(税込)
    天才、田沼総一の演奏を受け、万雷の拍手に満たされる津軽三味線甲子園「松吾郎杯」。その演奏を聴いた雪の心には今まで感じたことの無い思いがこみ上げる。全ての演奏が終わり、遂に運命の結果発表へ――。...
  • ましろのおと 9巻
    通常版 9巻 432円(税込)
    君の知らない、この国(日本)の音――。新章突入! 三味線一本でまだ見ぬ場へと飛び込んだ雪を待ち受けるものとは!? ――津軽三味線甲子園「松吾郎(まつごろう)杯」で田沼総一(たぬま・そういち)に敗...
  • ましろのおと 10巻
    通常版 10巻 432円(税込)
    新たな目標を胸に雪(せつ)の三味線修業は続く。打つは我が身、響くは――命。――マニの伴奏を引き受けるも、“他人の唄に合わせること”ができず、自分の音に迷い続ける雪。さらに追い打ちをかけるように、ある...

書店員のおすすめ

このマンガは、青森から一人津軽三味線を担いで上京してきた根暗男・澤村雪(せつ)の友達探しの物語です。
仕方なく入学した高校では「いつでもお天気気分」的なおせっかいな仲間が次々に現れ、とまどいながらも「津軽三味線愛好会」を設立して学園生活をエンジョイすることになってしまいます。一人遊びが好きだったはずの雪ですが、母親・梅子の陰謀で津軽三味線甲子園「松五郎杯」に仲間たちと出場することになり、(主催がマイペースな母親の会社)、同じく友達がいない天才・田沼総一と運命の出会いを果たします。そして、ついに日本中の変わり者高校生を巻き込んだ三味線バトルが開幕するのでした。

ましろのおと 1巻

購入済み

面白いっ

kotorina 2011年12月19日

赤僕の作者がこんなになるとは!
少年マンガです。絵、背景、キャラクターに凄く魅せられます。

このレビューは参考になりましたか?

ましろのおと 20巻

Posted by ブクログ 2018年07月13日

流絃のあと雪も松吾郎のじょんがらからの自分のじょんがら。で、春暁にたいする思いと流絃に対する怒りとでできた新曲。どんなんだ。若菜ちゃんの2ndとCD発売ぶつけられてきたし。梅子は意地が悪いなぁぁ。

このレビューは参考になりましたか?

ましろのおと 19巻

Posted by ブクログ 2018年07月12日

福岡でユナさんのおっぱいモギュ。どんどん離れ離れになっちまうのかなぁ。で、いよいよ東北。マイマイと合流。前座に実の父流絃。松吾郎じっちゃのじょんがら。火がついた雪。

このレビューは参考になりましたか?

ましろのおと 5巻

Posted by ブクログ 2018年06月23日

三味線甲子園始まり。田沼総一これからだが凄そうな予感ビンビンだな。他も強そうなとこがあって一騎打ちっぽくなくていい。さて次巻いよいよ梅園の出番だな。

このレビューは参考になりましたか?

ましろのおと 2巻

Posted by ブクログ 2018年06月19日

朱利のばあちゃんの前で弾く春暁。聴く人によって演奏が変わるムラムラの雪。ユナさんと朱利ちゃんのばあちゃんの前では気分が乗るんだな。ユナさんのグラビアも貰えた。とりあえずは良かったな。

このレビューは参考になりましたか?

ましろのおと 1巻

Posted by ブクログ 2018年06月18日

あー面白い。これを読んだことと民謡クルセイダーズを聴いたことによって今ヒジョーに民謡に興味を持って聴いてます。ユナさんの頑張りとやさしいのとカイデーなパイオツもいいしお母さんの唄も過ごそう。老け顔の若菜兄さんも良いなぁ。

このレビューは参考になりましたか?

ましろのおと 20巻

Posted by ブクログ 2018年04月24日

全く個人的な見解だが、雪が自分の感情を曲にした、してしまった下りで、amazarashiアレンジして三味線で弾いて欲しい、と思ってしまった。

このレビューは参考になりましたか?

ましろのおと 4巻

Posted by ブクログ 2018年02月12日

ここまで一気読みでした。
次巻はいよいよ津軽三味線甲子園開幕…なのに、いきつけの店には5巻だけがなく…。辛抱たまらず、飛ばし読み始めました。

このレビューは参考になりましたか?

ましろのおと 16巻

ネタバレ

Posted by ブクログ 2016年11月15日

若菜ちゃん、どんどん色気が増してるなぁ。
金城さんが味のあるキャラになってきた。笑
新ユニットの今後が楽しみ♡

このレビューは参考になりましたか?

ましろのおと 16巻

ネタバレ

Posted by ブクログ 2016年10月26日

やばい、あの4人でユニット組むとか最高に面白い!
読み進めていくうちにどんどん面白くなっていった16巻でした。

松吾郎の過去から始まりましたが、なんか梅子のハングリー精神の理由が分かった気がしました(笑)
見た目はたぶんお母さん似ですけど、あの芯の強さは松吾郎からきているような。そしてそれにさらに...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?