ミミズクとオリーブ

ミミズクとオリーブ

作者名 :
通常価格 486円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

八王子の郊外に住む作家のぼくのもとへ、大学時代の友人が相談にやってきた。謎めいた文言の並ぶ書き置きを遺して、奥さんが家出したという。自慢の手料理を給仕しながら友人の話を聞いていたぼくの妻は、たちまち奥さんの所在を突き止めてしまった。さらに、高校時代の友人で刑事をしている男の自慢話を聞いている内に、女社長殺しの捜査のミスを見つけたばかりか、事件の真相をも言い当ててしまう……。ひょっとしてぼくの妻は、料理の腕前ばかりでなく、推理能力にも長けているのだろうか?! 直木賞作家が《安楽椅子探偵》の歴史に新しい一ページを切り拓いたシリーズ第一弾!

ジャンル
出版社
東京創元社
掲載誌・レーベル
創元推理文庫
ページ数
275ページ
電子版発売日
2011年12月02日
コンテンツ形式
XMDF

「ミミズクとオリーブ」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2018年02月05日

素人探偵もの。この感じ好きです。
坂木司さんのシリーズや、他にも
ファミレスに来るお婆ちゃんが名探偵だったり、いろいろ有りますが。
今回は小説家の奥様。のーんびりしてる感じがいい。

ご飯がおいしそう。
食べ物がメインの話じゃ無いけど、この辺が好きなので
カテゴリーを食べ物系にしてみた。

一軒家の...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2014年10月14日

このシリーズ、初めて読んだのは10年位前かな
ぐうだら作家と、賢く料理上手でやさしい探偵奥様の
やりとりがなんだかすごくホッとして
事件は殺人事件とか重いものもあるのだけど
何故か、ほのぼのとしてしまうのが不思議
この賢い奥様に、上手に踊らされている旦那さんも
子どものようで、素直で、いいなぁと思う...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年01月05日

ここまでお腹の空くミステリーはない。

本作及び続編「嫁洗い池」「わが身世にふる、じじわかし」すべてに共通していえることだが、ミステリーを楽しもうと思ってはいけない。
あくまでもメインは食事であり仕事終わりの一杯なのだ。

季節の食材、郷土料理をはじめとした多彩な料理、それを食べならの一杯。読者もど...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年05月07日

奥さんが好きです。ああ、さつま食べたい。
ミステリーで奥さんが謎を解く、という形式が結構好きです。
殺人も多いのに全然怖くなく楽しめます。日常系のような。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年09月02日

正直、謎の答えはすぐわかるし、「おー」というようなトリックはない。なのに、なんだろう、このやめられなさ。ミステリーではなく、夫婦のやりとりとしての良さが面白い本。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「ミミズクとオリーブ」に関連する特集・キャンペーン

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,496

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!