くたばれ!就職氷河期  就活格差を乗り越えろ

くたばれ!就職氷河期  就活格差を乗り越えろ

作者名 :
通常価格 628円 (571円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

  • 無料サンプル
  • ブラウザ試し読み

  • アプリ試し読み

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

1人の学生が何十社もエントリーし、就活に疲弊してしまう昨今、就活の考え方、学校格差、男女格差、有名大学の中にもある学部間格差など、本人も親も気づいていない就職活動における格差のデータを盛り込み、解説し、適切な就活に学生を導く書。単なるノウハウ本ではなく、物事の本質を見極め、今なすべきことを数多くの実例から解説する。また、今どきの学生気質が垣間見られるエピソードを随所に盛り込み、学生の常識、非常識も語る。就活生は必読であるが、その両親にも読んでもらいたい。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 就職・起業
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川SSC新書
電子版発売日
2012年08月03日
サイズ(目安)
3MB

くたばれ!就職氷河期  就活格差を乗り越えろ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2011年11月25日

    常見陽平さんの最新刊。

    この方の本はいろいろ読んだけれど、これまでの集大成、という感じになっている。

    この書籍のキーワードは「就活断層」という言葉である。

    リーマンショック以降、企業の業績が良くない。採用や育成にかける人員も予算も無い。無数に応募されるエントリーシートを読む時間もない。

    一方...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年09月16日

    望ましい就活を創るために、企業、学生、大学などがどうすべきか、の提案の書です。
    以下は、私自身が感じたことです。
    「良書があれば就活本は要らない」に非常に同意しました。『絶対内定』の自己分析編は『7つの習慣』がベースになっていると感じました。
    自己分析不要論を真に受けてしまいましたが、日本の採用につ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年03月04日

    就活のために30万貯めておいた方がよいらしい。
    あと京都の大学に入るなら首都圏の大学に入った方が良かったなと思った。東京の企業を目指している私にとって京都に住むことはのちのち辛い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年12月18日

    就活、採用の表も裏も知り尽くした著者が喝破!
    学生側と採用側、どちらの立場にもとことん愛を持って接しているからこそ見えてくる、愛が足りない就活の実情。

    ネガティブなリアルをとことん描きつつも、著者のポジティブな姿勢に救われる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年10月27日

    読んでおいて損はしない本。対象者は企業の採用担当者、就職活動の学生、その親、学校の就職活動担当者などです。

    ひとつにはネットの時代のおける就職活動が中心の現代において、社会人として一皮むけた存在になるように期待したいところだけど、そのために学生の間から、新聞やビジネス誌などを継続的に読み、企業のO...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年09月19日

    就職活動の関する書籍が目立つ昨今であるが、著者の経験と鋭い切り口には共感出来る。学生だけでも、大学だけでも、企業だけでも解決出来ない難しい問題である。国や行政などにも本格的な取り組みを希望したいと考える。この著書には具体的な提言も盛り込まれており、とても参考になる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年07月18日

    就職活動、悲劇を減らすためにも、学生、学校、企業、政府もやるべきことがある!というのを、常見さんが考察されています。面白かったです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年11月24日

    この本の内容については、就活の実態を正確に説明していると思う。就活氷河期ではなく、この状況はしばらく続くことは確かで、来年になれば、求人が増えるなどと言った甘い夢は見ないことだ。入れる企業をみつけて、早くキャリアを開始して、仕事をするなかで自分のやりたいことをみつけていくことが大切だ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年09月26日

    普段は本一冊読み終わるのに一カ月かかるのですが、一週間で読み終わりました。就活が終わって一年しか経ってないですし、また職業柄。。みたいなのもあるかもしれませんね(笑)

    この本は就職活動始めたての人、つまずきかけてる人は読んだ方がいいと思います。現代の就活上で知っておくべきこと(企業側が(就職ナビの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2011年02月14日

    大学生に向けて講演をするための下準備として拝読。就職活動の現状や課題などを知ることのできる良書だと思います。数値的背景や学生さんの話など事例や数値に基づいた構成は、読んでいて理解しやすい内容になっています。ただ、最後の提言部分が現実的かどうかという点だけは、少し残念かなぁとも思います。提言されている...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています