エブリシング・イズ・イルミネイテッド

エブリシング・イズ・イルミネイテッド

作者名 :
通常価格 1,257円 (1,143円+税)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※こちらの作品は、Android端末と、他のOS端末の間でしおり同期ができません。

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

著者20代半ばでのデビュー作にして、全米60万部の大ベストセラー。自らのルーツと、祖父をホロコーストから救ってくれた女性を探しにウクライナの片田舎へ向かう青年と、ウクライナ人通訳との奇妙な珍道中と明らかになる家族の秘密。時代も国境も超えて絡まり合うヴォイス──衝撃のデビュー作。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 海外小説
出版社
NHK出版
ページ数
406ページ
電子版発売日
2011年09月30日
コンテンツ形式
.book
サイズ(目安)
1MB

エブリシング・イズ・イルミネイテッド のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    映画がよかったのと、装丁が気に入って購入。壊れた英語に爆笑してる隙に、魂をわしづかみにされる斬新な物語。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年05月26日

    「ものあり」のJ・S・フォアのデビュー作ということで読んでみた。早くも絶版・・・翻訳本って・・・
    この人の言語センスの鋭さ、ユニークさはすでにいかんなく発揮されている。語り手は英語がややおぼつかないウクライナ人の少年アレックスで、めちゃくちゃな英語(翻訳だから日本語だが)を喋る。これが可笑しさと、後...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年12月28日

    「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」のジョナサン・サフラン・フォアの24歳の頃のデビュー作。なんの前知識も無く題名に惹かれて読み始めたが、ホロコーストにまつわる物語だった。感想がまとまらない。

    作者がモデルであるアメリカ人青年ジョナサンは、ユダヤ人祖父を助けてくれた女性アウグスチーネを探し...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年02月19日

    ユダヤという大きく深いテーマをユーモアの中で描いた力作。難点は翻訳。にもかかわらず、作品の魅力は十分に伝わるのだからこの作者は本当にスゴイ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    ホロコーストの話。こんな風な切り口でストーリーがそこにつながって行くとは思わなかった。

    悲しすぎてでもおかしくて、笑いそうになったり、涙がでそうになったり。電車の中で読んでいる時にそれを表情に出さないように堪えるのが大変だった。
    最初、これの洋書を辞書を引き引き読んでみようかと思っていたのだが、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    27歳のジョナサン・サフラン・フォアが書いたデビュー作。ユダヤ人の彼が先祖の村を探しにウクライナへ行く旅を描いたもので、本人も本名ででてくるけど、自分自信の内面のことはあまり興味がなかったみたい。主題はジョナサンのずっと遠い祖先である人々のこと。そしてウクライナの村の1804年のこと、1934年のこ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年05月06日

    『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』のジョナサン・サフラン・フォアが若干24歳にして書き上げた長編デビュー作。長いこと絶版で、入手困難な状態が続いていたが、この度、電子書籍版が発売された(しかもキャンペーン中だったのか、無料!)ので、すかさず購入。

    物語はユダヤ系アメリカ人のジョナサンが祖...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2013年04月21日

    祖父のルーツをたどるためにウクライナを訪れるジョナサン(作者自身をモデルとした人物)と、道案内役である少年アレックス(通訳)とその祖父(運転手)の3人が「トラキムブロド」という村を探すロードムーヴィー的な物語と並行して、1791年にはじまる「ジョナサン」の血族史が語られる。

    アレックスからJ.S....続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています