先任将校

先任将校

作者名 :
通常価格 604円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

27歳の若き大尉に率いられた食糧も水もない195名の漂流者は15日間も橈をこぎ続けて生還した。不可能を可能にした、指揮官の見事な決断と統率の在り方を描く感動の一冊。

ジャンル
出版社
潮書房光人新社
ページ数
336ページ
電子版発売日
2011年08月19日
コンテンツ形式
XMDF

Posted by ブクログ 2015年05月07日

太平洋戦争中、敵潜水艦の魚雷攻撃により沈没した軍艦名取の生存者、27歳の先任将校以下195名の15日間に及ぶ戦いの記録。
帝国海軍士官っていう人たちがどんな人たちなのかっていうのがものすごく伝わってくる物語だった。気力、体力、機知、判断力に富み、あらゆることに気を配り、食料、真水、航海用具もなく海に...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2008年01月30日

フィリピン沖で沈没した軽巡洋艦「名取」の生残りの200数十名が、短艇でフィリピンの陸地まで自力でたどり着くまで、様々な困難を乗り越えて行く話し。極限状態の漂流生活の中、軍人としての規律や統制の取れた行動を維持しつつ、兵員の中で各々の得意分野を活かした生活風景など、とても読んでいて普段の生活にも役立て...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年03月23日

船を沈められてからカッター三隻で三百マイル離れたフィリピンを目指す海軍軍人195人の実話。
著者は次席将校で、指揮を執った先任将校やその他の軍人、航法やら何やらを書いてておもしろい。
有事の際の指揮とはいかにあるべきかとか、そういった面で学ぶところ大な本です。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2008年04月25日

・フィリピン沖で沈没した戦艦名取の乗組員200名弱が、3艘の短艇で300マイル先のフィリピン海岸まで2週間かけてたどり着いた。
・絶望的な状況の中、青年将校の見せる統率力は美いと思えるほど。今の社会にこんな力のある20代がいるだろうか。
・今の幹部自衛官達も、当時の将校のような自覚と責任、統率力を持...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています