スクリーンに乾杯! 1 映画だけが我が人生(1930年代編)

スクリーンに乾杯! 1 映画だけが我が人生(1930年代編)

作者名 :
通常価格 629円 (572円+税)
獲得ポイント

3pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

映画やテレビの数々の名作を世に送り出してきたベテラン脚本家・石森史郎。その彼が幼少時から少年・青年時代に観て影響を受け、映画業界に入るきっかけともなり、脚本家としての作劇術を学んだ世界の名画についてのオマージュを綴ります。1巻目は『望郷』や『モロッコ』『駅馬車』といった1930年代の作品群についてです。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
雑学・エンタメ / アニメ・芸能・ゲーム攻略本
出版社
近代映画社
電子版発売日
2011年07月29日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

スクリーンに乾杯! 1 映画だけが我が人生(1930年代編) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

レビューがありません。

スクリーンに乾杯! のシリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • スクリーンに乾杯! 1 映画だけが我が人生(1930年代編)
    映画やテレビの数々の名作を世に送り出してきたベテラン脚本家・石森史郎。その彼が幼少時から少年・青年時代に観て影響を受け、映画業界に入るきっかけともなり、脚本家としての作劇術を学んだ世界の名画についてのオマージュを綴ります。1巻目は『望郷』や『モロッコ』『駅馬車』といった1930年代の作品群についてです。
  • スクリーンに乾杯! 2 映画だけが我が人生(1940年代編)
    映画やテレビの数々の名作を世に送り出してきたベテラン脚本家・石森史郎。その彼が幼少時から少年・青年時代に観て影響を受け、映画業界に入るきっかけともなり、脚本家としての作劇術を学んだ世界の名画についてのオマージュを綴ります。2巻目は『荒野の決闘』や『カサブランカ』『哀愁』といった1940年代の作品群についてです。
  • スクリーンに乾杯! 3 映画だけが我が人生(1950年代編)
    映画やテレビの数々の名作を世に送り出してきたベテラン脚本家・石森史郎。その彼が幼少時から少年・青年時代に観て影響を受け、映画業界に入るきっかけともなり、脚本家としての作劇術を学んだ世界の名画についてのオマージュを綴ります。最後となる3巻目は「風と共に去りぬ」や「ローマの休日」といった1950年代に見た作品についてです。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める 雑学・エンタメ

雑学・エンタメ ランキング