夜間飛行 ─まんがで読破─
  • 完結

夜間飛行 ─まんがで読破─

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

航空郵便の黎明期、南米路線を運営するリヴィエールの指揮の下、飛行士たちは己の命を懸け、前人未到の危険な夜間飛行に挑んでいた。事業の確立のため、あえて冷徹に部下と接するリヴィエールだが、ある夜、勇敢な飛行士・ファビアンの機体が遭難してしまう……。自らも飛行士としての経歴を持つ作家・サン=テグジュペリのベストセラーを漫画化!

ジャンル
出版社
イースト・プレス
掲載誌・レーベル
まんがで読破
ページ数
190ページ
電子版発売日
2011年01月28日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
31MB

夜間飛行 ─まんがで読破─ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2017年11月23日

    まんがで読破を読破しようシリーズ。
    「星の王子様」で有名なサン・テグジュペリの「夜間飛行」
    航空郵便事業の黎明期。船便や鉄道便との優位性を確立するため行われた夜間飛行。命を懸けるほどの仕事はあるのか。リスクとトレードオフとなる事業拡大。昔も今も変わらない課題。
    マンガのタッチが途中雑になったような気...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月23日

    サン・テグジュペリといえば、「星の王子さま」の作者としてだけしか記憶がないお粗末な読者だったが、その原点となるこの「夜間飛行」は、フランス人のパイロットで小説家であるアントワーヌ・ド・サン=テグジュペリによる代表的な小説なのであった。

    このシリーズはその企画の宿命でもあろうが、端折ったり、まったく...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年07月07日

    解釈は人によって変わる?
    リヴィエールは厳しさによって、開拓しようとしたし、ファビアンが弱くならないよう、強く言った。それこそが仕事が全てスムーズなると、思っていた。相手の気持ちを組んだ上で、そういう決断をしたリヴィエール。本当は優しくしたいが、管理者として、仕事として、もどかしいがそれは出来ない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年08月23日

    この人をこんなにしてまで橋をかけねばあかんかね?

    当時の夜間飛行は命をかける危険な業務であった、男たちは皆、誇りを持っていた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月29日

    理想のために、あらゆる幸福を犠牲にして、進み続ける孤高のリーダー像が描かれています。,ビジネス本としても引用されることが少なくない本書ですが、やはり「星の王子さま」との落差が印象的です。「夜間飛行」的生き方に、疲れ果てた末に「星の王子様」の諦念とともに死がを匂わせる雰囲気がただよう世界観に行き着いた...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    マンガで読んじゃえシリーズ。
    航空郵便事業がまだ始まったばかりの頃のお話。
    まだ飛行機は夜飛べるだけの機能を持っていなかったが、事業のために夜間飛行を行っていた。
    夜間飛行をめぐる、航空士たちの命をかけた物語。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2017年03月07日

    そうそう、小説はあまりにオトナな文体で、高校の頃に難渋したものだったよ。
    漫画で読んでみれば熱血もの。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2016年01月05日

    パタゴニアとブエノスアイレスを結ぶ航空郵便事業を営む会社の、厳格で非情に振舞う社長、命を掛けて飛行に臨むパイロット、情を捨てきれない職員などを描いた物語。
    いわば、飛行機が生まれてから僅か20〜30年で一気に発達した時代を自らの犠牲をいとわず支えた男達のプロジェクト']。

    パタゴニアとい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています