ツナグ 想い人の心得

ツナグ 想い人の心得

作者名 :
通常価格 1,650円 (1,500円+税)
獲得ポイント

8pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

死者との再会を叶える使者「ツナグ」。長年務めを果たした最愛の祖母から歩美は使者としての役目を引き継いだ。7年経ち、社会人になった彼の元を訪れる依頼者たちは、誰にも言えぬ想いを胸に秘めていた――。後悔を抱えて生きる人々の心を繋ぐ、使者の物語。大ベストセラー、待望の続刊!

ジャンル
出版社
新潮社
電子版発売日
2019年10月18日
紙の本の発売
2019年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB
    購入済み

    かがみの孤城から

    k.sakamura 2019年12月12日

    辻村さん作品を読み漁り、過食気味で新作スルーしていましたが
    今作は読みやすくて良かったです。

    前作からの繋がりの登場人物、
    最後の桜のツナグの盛り上がりの結びも良かったです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月07日

    前作は2010年である、9年後に続編とはちょっと開け過ぎじゃない?前作は映画も見たが本作の映画化もあるのかな。原作通り実際に樹木希林は死んじゃったし、第一話から前作登場した嵐美砂の登場である、物語は見事に繋がっている。歩美と奈緒の行く末も気になるし、成長した杏奈も見てみたい、これはシリーズ化決定だな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月06日

    使者(ツナグ)を継いだ歩美の7年後。
    前作の嵐や平瀬のその後のエピソードも交えながら、歩美側からのストーリーになっている。
    死者とはどのような存在なのか、死者を想うこと・心に生かすこと、ツナグとの縁、歩美自身も父や祖母らを通じての縁の中で同じ時間を過ごす人々との関わりに生きていることなどを思った。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月29日

    懐かしかったあ!
    読んでいてどれもこれも素敵だったので
    幸せな気持ちになりました〜
    『ご縁』という言葉が何度も出てきて感じたのは、
    私もいま周りの人達やこれから会うであろう人達との
    『ご縁』を大切にしたいなあということです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月24日

    時の流れを感じた。

    社会人となった歩美の使者としての成長はもちろん、読み手の自分も歳を重ねたことにより前作よりも物語にぐっと寄り添えた、そこに柔らかな時の流れを感じた。

    歩美が毎回心に得ていくものに何度まぶしさと温かさを感じたことだろう。

    そして人の心の折り合いの付け方も千差万別。

    こんな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月19日

    9年ぶりの待望の続刊。

    始め、また別の使者(ツナグ)の話かと思ったら、やられた。

    使者(ツナグ)を継いだ歩美の7年後が描かれている。
    どの話も「ただもう一度会いたい」というだけでない、捻りが効いている。
    歩美の人生をまた読んでみたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月18日

    よくある天国だとか、死後の世界といった話はあまりにも空想的で好きではない。
    だけど辻村さんの死生観は押し付けがましくなくて、すっと胸に響く。
    この作品では死者側の視点では物事は描かれず、死者と生者がつながっている時間以外、死者は「無」なのだなと感じた。空から皆を見守っていたなんてゆう事はない。

    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月16日

    前作から7年後のツナグと言うより成長した歩美の物語。文面から7年間満月の夜は殆ど使者をしていたようだ。高校生ツナグ時代の演劇の女子高生のその後が気になっていたであろう読者の気持ちに十分答えてくれた。もちろんイメージは松坂桃李君と樹木希林さん♪

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月12日

    歩美の静かな想いに心惹かれる。奈緒とのこれからはどんな変化をもたらすのかな。

    どうしても死者に会いたいと、会って話したいと願う人がいる。話ができたからと言って、心が晴れるとは限らないのに…
    気まずい思いで離れた人や、亡くなってしまった親しい人に会いたいと思ったことの無い私が思うのはこんなこと。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    これは多分、1作目を超えた‼️

    ニッシー99 2019年11月08日

    この2作目は電車内で読むのはやめた方がいいと思います。もしも、泣き顔を他人に見られたくないなら...。自分的には、木工所と、最後の作品にやられました。名作と読んでもおかしくない作品だと思います。辻村深月さんの代表作になるのでは?是非そうなって欲しいと考えます。

    このレビューは参考になりましたか?

シリーズ作品 1巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~1件目 / 1件
  • ツナグ 想い人の心得
    1,650円(税込)
    死者との再会を叶える使者「ツナグ」。長年務めを果たした最愛の祖母から歩美は使者としての役目を引き継いだ。7年経ち、社会人になった彼の元を訪れる依頼者たちは、誰にも言えぬ想いを胸に秘めていた――。後悔を抱えて生きる人々の心を繋ぐ、使者の物語。大ベストセラー、待望の続刊!
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています