森崎書店の日々

森崎書店の日々

作者名 :
通常価格 507円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

本の街・神保町を舞台にした青春恋愛映画の原作小説。交際を始めて1年になる恋人から、突然、「他の女性と結婚することになった」と告げられた貴子は、深く傷ついて、ただ泣き暮らす毎日を送ることになった。職場恋愛だったために会社も辞めることになった貴子は、恋人と仕事をいっぺんに失うことに。そんなとき叔父のサトルから貴子に電話がかかる。叔父は40代、奥さんの桃子さんに家出され、ひとりで神保町で「森崎書店」という古書店を経営していた。飄々としてつかみどころがなく、親類の間では変人として通っていたサトル叔父、小さい頃は貴子も遊んでもらったこともあったものの、ここ数年は交流はなかった。その叔父からの連絡は、「店に住んで、仕事を手伝って欲しい」というものだった。誰かの救いを求めていた貴子は、叔父の申し出を受け入れて、本の街のど真ん中に住むことになった――。物語の1年半後を描いた続編小説「桃子さんの帰還」も収録。

ジャンル
出版社
小学館
ページ数
205ページ
電子版発売日
2011年02月26日
コンテンツ形式
XMDF

「森崎書店の日々」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2018年10月14日

古書店をアジールとした女の子の再生の物語。
ストーリーはシンプルだが、この作品の魅力は登場する人物のそれぞれが魅力的であることではないか。
しばらくこの世界観に浸ってみたくなった(笑)

再購入2012/06/24 JPN200

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年08月28日

4.5
ほっこり系。神保町の書店と喫茶店の雰囲気や出てくる人がマスターやサブさんといった脇役も含めてとても魅力的。貴子の充電期間はとても羨ましい。サトルの「人を愛することを恐れないでくれ、たとえ悲しいことがあっても人を愛した記憶はいつまでも人の心を温めてくれる」に感銘を受けた。桃子の天真爛漫さや実は...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2016年06月20日

DVDを見て、原作があることを知った!映画が良かったので、原作も読みたいと思って購入。この本を読んで、神保町に行きたく(住みたく)なったし、〈すぼうる〉のような喫茶店の常連になりたいと思った!人生の休暇を本に囲まれた中で過ごした貴子ちゃんが羨ましい♪続編の書き下ろし『桃子さんの帰還』この話、好き♪

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2015年09月25日

本屋さんに住んで、いろんな本に読みふけることができる境遇がまず羨ましかった。でも、貴子は大切なものを失っていて、心に空いた穴はなかなか埋まらない。そこで、叔父さんが出てくる。とても貴子を愛してくれていて、一歩踏み出す力をくれる。人を救うのは人。本もたくさんの答えをくれるけれど、突き動かしてくれるのは...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年09月25日

大好きな作品です。
すごく落ち込んでいる時に読んで、とても元気づけられました。
また読み返したいな。
後に映画化したので観てみましたが、良かったです(o^^o)

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「森崎書店の日々」に関連する特集・キャンペーン

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,524

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!