敗北からの芸人論

敗北からの芸人論

作者名 :
通常価格 1,430円 (1,300円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

次々と後輩に追い抜かれて酒と競馬に明け暮れた加藤浩次が掴んだ思考法、長い下積みを経て今売れまくるオードリーの瞬発力、爆発的ブレイクのかまいたちが覚醒した理由――。どん底から這い上がった21組の生き様を、ノブコブ徳井が熱を込めて語る! 連載時累計700万PVを突破した、誰もが共感できるお笑いエッセイ。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
新潮社
電子版発売日
2022年02月28日
紙の本の発売
2022年02月
サイズ(目安)
1MB

敗北からの芸人論 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    Posted by ブクログ 2022年06月26日

    徳井さんから見た天才芸人たちの数々のエピソード。
    徳井さんだから言える、見えているその視点の数々を楽しめる。
    またそうした天才たちを目の当たりにし、大きな挫折、諦めを経験している徳井さんの強さ、優しさを感じられた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年04月29日

    現場から見た人の考察は貴重。
    もっともっと書いてくれ。

    終盤にタイトルの意味が分かったけど
    いまも現役だから敗北なんかじゃない
    徳井さんの考察も誰かに書いてほしい

    もともとお笑いが好きなのでこの本を買ったけど
    自分なんかまだまだで、もっとオタクになりたいと思った。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年05月16日

    最近は褒め芸で話題の平成ノブシコブシ・徳井による芸人論。

    とっくに売れた芸人から、まだブレイクしてない芸人まで幅広く扱っており、その分析と芸人愛は好感が持てた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年04月05日

    直接的な交流がある芸人の話だけでなく、個人的なつながりがほぼない芸人についても、俯瞰と洞察の視点をバランスよく切り替えながら綴られているのがすごい。
    個人的にはスリムクラブの話とダイアン(とオッドタクシー)の話がダントツで好き。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年04月05日

    現役のお笑い芸人かつテレビウォッチャーとしても知られる(?)著者の連載が書籍化。タイトル通り芸人を分析しているのだが、アメトーークのバラエティ観るの大好き芸人などで度々見せてきた評論家とは異なる同業者ならではの視点に溢れていて読み応え十分。一見冷静な文章の中にふと熱さが漏れてくるのが良いwラストの書...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年03月07日

    敗北からの芸人論
    著:徳井 健太
    本書はお笑いコンビ:平成ノブシコブシの「徳井健太氏」による21組のお笑い芸人達の生き様を著者目線で切り取った、芸人取扱説明書である。
    「ダウンタウンになれない絶望」からスタートするという、芸人という職業。一回負けた状態から自分なりのスタイルを探っていくその過程は、ド...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年03月24日

    徳井が絡んだことあるかどうかに関わらず、言いたいことがある芸人に対しての本。
    徳井の実体験を記した箇所は面白い。5gapとかダイアンの話とか小藪の話とか印象に残ってます。
    連載の都合上仕方ないのかもしれないけど、1芸人が数ページなので、もう少し狭く深くなってたパターンを想像しちゃう。
    平成ノブシコブ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年06月13日

    表現や構成が的確で質の良い小説を読んでいるような感覚だった。
    徳井氏は小説書くと大成するんじゃなかろうか。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2022年05月02日

     だから岩井が以前ラジオで、あるスポーツ選手に対しての世間の考え方について話をしたことで、リスナーやファンが多少ざわついた回があったけれど(澤部もざわついていた)、岩井は間違っていなかったと思う。というより、自分が考えたことなのだから間違っているとか正しいとか、そんなものではそもそもない。そう思った...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    タイトルが宜しくない。

    kocco 2022年04月05日

    2022年4月読了。

    最近は「ゴッドタン」くらいでしかお見掛けしなくなった徳井さんが『芸人論』を書いたと云うので、どんな角度から語られるのか期待しながら読んだ。

    感想としては、同業者でこれだけ優しい目線で評論を書く人は相当稀有なことではと思った。
    普通に考えれば、どうしてもその人自身の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める エッセイ・紀行

エッセイ・紀行 ランキング

徳井健太 のこれもおすすめ