砂嵐に星屑

砂嵐に星屑

作者名 :
通常価格 1,485円 (1,350円+税)
紙の本 [参考] 1,650円 (税込)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

直木賞候補『スモールワールズ』で注目を集めた一穂ミチ。
期待の書き下ろしは、あらゆる世代に刺さりすぎる群像劇!
日々頑張るあなたが、きっとこの本の中にいます。

舞台はテレビ局。旬を過ぎたうえに社内不倫の“前科"で腫れ物扱いの四十代独身女性アナウンサー(「資料室の幽霊」)、娘とは冷戦状態、同期の早期退職に悩む五十代の報道デスク(「泥舟のモラトリアム」)、好きになった人がゲイで望みゼロなのに同居している二十代タイムキーパー(「嵐のランデブー」)、向上心ゼロ、非正規の現状にぬるく絶望している三十代AD(「眠れぬ夜のあなた」)……。それぞれの世代に、それぞれの悩みや壁がある。
つらかったら頑張らなくてもいい。でも、つらくったって頑張ってみてもいい。続いていく人生は、自分のものなのだから。世代も性別もバラバラな4人を驚愕の解像度で描く、連作短編集。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
幻冬舎
掲載誌・レーベル
幻冬舎単行本
電子版発売日
2022年02月09日
紙の本の発売
2022年02月
サイズ(目安)
1MB

砂嵐に星屑 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2022年05月29日

    どれもえげつなく内面を抉る短編。境遇が似ている夏編に特に揺さぶられる。

    春、40代、女性、独身、不倫
    夏、50代、男性、娘、仕事
    秋、女性、ゲイ男性への片思い、タイムキーパー
    冬、30代、男性、派遣社員

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年04月18日

    春夏秋冬をあしらった4つの連作短篇集。舞台は大阪なにわテレビ局。4人の主人公が自己に向き合い、前向きに歩んでゆく姿に力をもらった。漫画のようになだらかで、カラッとした大阪弁がいい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年06月19日

    よかったー。人はつながってる。なんか本当によかった。それとは別に、木南くんの話、一穂先生に別ジャンルで書いてほしいと思う自分がいる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年06月08日

    「スモールワールズ」がとても面白かったので、楽しみにしていた一冊。
    「人」を描くことが上手な作家さんだなぁ、長編も読んでみたいなぁ、と思いました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年05月15日

     自分自身に星をあげられる人はどれくらいいるんだろう。

     この物語に登場する人物たちは、みんなどこかに欠点を抱えていて、自分に満足な評価をできない人たちばかりだ。


    ①春 資料室の幽霊
     社内不倫の前科持ちの40代女子アナの三木邑子。

     アナウンサーの邑子は、大阪でアナウンサーをしていたが、同...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年04月19日

     20代〜50代のTV局で働く男女を、季節を追うように巧みに描き分けています。個人的には、40代女性の描写が特に凄みを感じさせられました。
     人間、どんな仕事をしていても、ある程度外ヅラ(鎧)を見せたり脱いだりしているはずで、醜い面があるからこそ共感する気がします。どんなにダメでも、明日への勇気をも...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年04月16日

    同じ関西のテレビ局で働く四人の目線から見た短編集。最初のアナウンサーの話が一番面白かったです。緩く繋がっていて、登場人物が交錯します。大阪弁で綴られていく文章が面白く読めました。もう少しスカッと感がある方が好みかなぁ。多幸感というか。救いのない終わりではないけど、小説ではもっと違う解が欲しかったかも...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年04月12日

    「隣の芝生は青く見える」ということで、皆、それぞれが多かれ少なかれ悩みを抱えながら、それでも毎日、生きている。
    前向きに心が切り替わった時に、人生も転換する…ということを教えてもらえる短編集でした。
    テレビドラマにしやすい、テレビ業界の人間物語でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年03月29日

    テレビ局で働く人達の季節で織りなす連作短編集。

    さまざまな世代の男女が、それぞれに悩みをもちながらも何とかしようともがいて、それでも明日への一歩を踏み出している。

    中でも〈夏〉泥舟のモラトリアムの一文に共感した。

    年老いていく身体が、流されるまま向かう未来など希望ではなく恐怖でしかない。

    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年03月22日

    テレビ局内の連作短篇集。大阪の局で不倫がバレて東京に飛ばされ10年ぶりに大阪に戻ってきた女子アナの話。周囲で早期退職する人が増えてきたディレクターの話。ゲイに恋して同居するタイムキーパーの話。コミュ障なのに密着取材を強いられるADの話。

    最初はどうかなと思っていたら、尻上がりに面白くなってきた。テ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

幻冬舎単行本 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング