凌辱恋心【完全版】 第2章

凌辱恋心【完全版】 第2章

作者名 :
通常価格 110円 (100円+税)
獲得ポイント

0pt

-
    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

  • 無料サンプル
  • ブラウザ試し読み

  • アプリ試し読み

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

痴漢の犯人が憧れの大川先輩だと知った花穂は、どんな顔をして大川に会えばいいのか悩んでいた。そんな矢先、当の大川から生徒会室に呼び出しが!! 喜び勇んで生徒会室に向かった花穂だったが、そこには生徒会長の大川のほかに、副会長の塚本沙菜がいた。戸惑う花穂に大川と沙菜は淫らな要求をする。2人に凌辱の限りをつくされる中、花穂は羞恥を感じながらも躰が疼くのを止められず…。書き下ろしイラスト付き完全版、淫らで切ない注目の第2章!!

ジャンル
出版社
ebookers
電子版発売日
2011年01月31日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

凌辱恋心【完全版】 第2章 のユーザーレビュー

レビューがありません。

凌辱恋心【完全版】 のシリーズ作品 1~15巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~15件目 / 15件
  • 凌辱恋心【完全版】 第1章
    「やわらかいね……でもここはだんだん、硬くなってきたよ?」――。初体験どころか生理もまだで幼い容貌にコンプレックスを抱く高2の花穂。ある日、通学電車の中で痴漢にあうが、なんと犯人は憧れの大川先輩だった!~ 羞恥と驚きから抗う花穂に、容赦ない愛撫を加える大川。「大川せ……んぱ、……だめ、そんなに、しちゃっ……」。やがて花穂の躰は心とは裏腹に反応してしまい絶頂へと昇り詰める…。めくるめく凌辱...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 凌辱恋心【完全版】 第2章
    痴漢の犯人が憧れの大川先輩だと知った花穂は、どんな顔をして大川に会えばいいのか悩んでいた。そんな矢先、当の大川から生徒会室に呼び出しが!! 喜び勇んで生徒会室に向かった花穂だったが、そこには生徒会長の大川のほかに、副会長の塚本沙菜がいた。戸惑う花穂に大川と沙菜は淫らな要求をする。2人に凌辱の限りをつくされる中、花穂は羞恥を感じながらも躰が疼くのを止められず…。書き下ろしイラスト...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 凌辱恋心【完全版】 第3章
    「……はぁ、はぁ、……んんんっ……」。暗闇に溶け込む正体不明の相手に、わたしは自身の全てを晒されて……、耐えきれなくて赤い顔を背けた。恥ずかしい……、恥ずかしくて、たまらないのに……!! 大川に呼び出されて向かった学園長室。そこで花穂は目隠しをされ、両手を縛られ、正体不明の相手に凌辱される。恐怖に震えながらも、体の芯から込み上げる濡れた情欲を止めることができず…。大人気シリーズ、しとどに濡...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 凌辱恋心【完全版】 第4章
    通学電車の中で痴漢をされて以来、花穂を凌辱し続ける大川。これって恋愛なの? それともただの…。期待と不安に揺れる花穂。そんなある日、風邪で学校を休んだ大川は、生徒会室に置かれたカメラつきのパソコンの前で制服を脱ぎ、自らの手で自らを慰めるよう電話で花穂に指示をした。パソコンの向こうでは大川が見つめている…。戸惑いながらも花穂の手は…。大川の凌辱はさらにエスカレート! 書き下ろしイ...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 凌辱恋心【完全版】 第5章
    花穂は自慰動画をネタに、沙菜から大川に近づかないよう迫られた。だが、大川に対する想いを止められない花穂は、沙菜と対峙し要求をはねのける…。それを知り、花穂の身を案じた大川は、彼女を校舎の屋上に連れてゆき「これからは勝手な事をしないように」と大川流のお仕置きをはじめる。だが大川の淫らで、恥ずかしい責めに、花穂の花芯からは甘く熱い蜜がしたたり…。愛と躰が交差する、人気の官能小説、...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 凌辱恋心【完全版】 第6章
    「ほら。花穂のせいで、もうこんなになってる……」大川先輩が私の片手を取り――。学園祭の催し物でメイドカフェのメイドの衣装を着せられた花穂とデートする権利を、ひょんな事から大川が買うことに!~ 同じく学園祭のイベントでタキシード着た大川は「メイドごっこ」を提案。花穂は心も体も囚われた性奴として大川にご奉仕をすることに…。書き下ろしイラスト付き完全版第6章。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 凌辱恋心【完全版】 第7章
    俺が聞きたいのはね、花穂が俺に隠し事をし、俺じゃない誰にすがったか、という点なんだよ――。大川と花穂が付き合っていることが、ついに周知の事実となってしまい、嫉妬による花穂への嫌がらせは日増しに酷くなる。しかし、花穂は心配をかけたくない一心から大川へ相談をしなかった。そのことが大川の執着心に火を付けた!! 公衆トイレの個室で繰り広げられる淫らで執拗な大川のお仕置きに花穂の体は…。ま...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 凌辱恋心【完全版】 第8章
    「すっげ、やわらかいな…。乳首なんか超小せぇし、……あ。なんか硬くなってきた」――。大川との公衆トイレでの痴態を、クラスメイトの須賀が聞いていた? 恥ずかしい疑惑を抱えたまま、花穂は須賀に誘われ、彼がキャプテンをつとめるバスケ部のマネージャー見習いのため部室を訪れる。しかし、そこで花穂を待ち受けていたのは、須賀の歪んだ欲望…。書き下ろしイラスト入り完全版第8章。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 凌辱恋心【完全版】 第9章
    大川先輩から篤先輩へ…。呼び名が替わり少しだけ近づけたような気がして嬉しい花穂だったが、二人の仲を良く思わない何者かによって怪我を負ってしまう。保健室を訪れた花穂は保健医・宮城がもっていた媚薬を誤って飲んでしまう!~ 全身を駆けめぐる快感を抑えられない花穂を相手に、白衣を着た篤先輩の淫靡な診察が始まる…。書き下ろしイラスト付き完全版第9章は、禁断のお医者さんごっこ!!
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 凌辱恋心【完全版】 第9.5章
    「すごいね……男2人に襲われて感じて腰を振るなんて、いやらしい姿だよ花穂」――。花穂は宮城、大川、2人の指、唇、言葉に凌辱され、かつてないほどに乱れてしまうのだった…。第9章で媚薬を誤飲してしまい、保険医の宮城に危うく身体を凌辱されそうになった花穂。幸い大川に窮地を救われたのだったが、もしあの時、大川が別の選択をしていたら…。本編ではありえない、もう一つの「凌辱恋心」書き下ろしイラス...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 凌辱恋心【完全版】 第10章
    「俺に見えるようにスカートをくわえて、自分の指でして見せてごらん? いつもしているように…」。初めて花穂の部屋を訪れた大川。ついに花穂が待ち望み焦がれた「キス」をしてくれるのか? ところが大川はいつも部屋でしている一人遊戯をして見せて欲しいと言う…。そんな恥ずかしいこと…、でも、花穂の秘裂からは触れる前から情欲の滴りが! 花穂と大川のファーストキスは実現するのか? さらに明かさ...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 凌辱恋心【完全版】 第11章
    大好きな篤先輩にクリスマスイヴを一緒に過ごそうと誘われた花穂。初めてのデート、初めてのお泊まり…さまざまな期待を胸に横浜へ向かったが――。いくつもの試練を乗り越え、互いの気持ちを確認しあう篤先輩と花穂。初めてのお泊まりで、いきなり一緒にお風呂に!~ そして花穂の出生の秘密が!! ますます目が離せない切なく濡れる、書き下ろしイラスト付き完全版第11章。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 凌辱恋心【完全版】 第12章
    いじめて、いじめて、いじめぬいて……花穂をたくさん、愛してあげる――。大学受験を目前に控えた大川と久しぶりのデート。家族が留守にして誰もいない花穂の家で、二人は熱く、激しい交情に燃え上がった。しかしその直後、花穂は決して知ってはならない大川の秘密を知ってしまう。女子生徒たちからの執拗な嫌がらせ、宮城先生の謎の言葉…。その背後には大きな陰謀が蠢いていた! 立ちふさがる悪魔の淫手に花...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 凌辱恋心【完全版】 第13章
    まだ青く固い蕾だった花穂と、その蕾をつんだ憧れの人、篤先輩。奪い、奪われ、学園中の、そこかしこで繰り広げられた、ふたりの淫らで激しい享楽の時間…。しかし、その濃密な時間はある事件を境に突然、終わりを迎える。あれから月日は流れ…。果たして花穂は、再びあの甘く痺れるような時間を、そして愛するあの人を、取り戻すことができるのか? 大反響の恋愛官能小説、衝撃と感動の結末!! 書き下ろし...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 凌辱恋心【完全版】 最終章
    熱に浮かされたような日々の果てに、突然の終焉を迎えた花穂と篤の享楽の時間。しかし、運命は花穂と篤を再会させる。「おいで、花穂。ここが俺たちの隠れ家だよ」。期待に瞳を濡らす花穂に、篤は再び…。お仕置きされながら、喜びの蜜を零して涙する、そんな花穂のかわいらしく乱れる姿を見たいんだ。愛しているからこそ、凌辱したい欲望を抑えつけられないんだ…。花穂に対する愛ゆえに、際限なく迸る情欲...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています