冗舌な死者6 生ける屍の深淵

冗舌な死者6 生ける屍の深淵

作者名 :
通常価格 110円 (100円+税)
獲得ポイント

0pt

-
    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

  • 無料サンプル
  • ブラウザ試し読み

  • アプリ試し読み

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

青いビニールシートをめくると、半裸の女性の屍が仰向けになっていた。白い頸に、絞められた痕があった。
 初めての検死を終えた栗山玲奈は、「路上からここへ引きずりこまれ、強姦されたのちに殺されたものと思われます」と報告した。それを聞いた千葉圭一郎は、「最も大切なことを見逃している」と指摘し、遺体の足を開いて言った。「この陰部の傷、どう思った?」

 「監察医の仕事は、死者の最後の言い分を聞いて、ゆっくり眠らせてあげることだ」。千葉圭一郎の言葉に感銘を受け、監察医になった栗山玲奈。東京都監察医務院中野分室の解剖台の上にある遺体は、彼女になにを語りかけるのか。新進気鋭のミステリ作家、矢月秀作の手による、本格ミステリー。

ジャンル
出版社
マイカ
電子版発売日
2011年01月31日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

冗舌な死者6 生ける屍の深淵 のユーザーレビュー

レビューがありません。

冗舌な死者《分冊版》 のシリーズ作品 1~12巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~12件目 / 12件
  • 冗舌な死者 肉戯の果て
    「私のフィアンセよ! 悪く言わないで!」 妹の将来を思って、進言した姉。だが妹は逆上し、姉を突き飛ばした。倒れた姉の目は、二度と開くことがなかった~~。 姉の命を奪ったのは、果たして妹なのか。現場の状況を見ると、そのようにも思える。しかし、ひとつ気になる点があった。監察医は、本当の死因を調べるために、検案を始めた。 「監察医の仕事は、死者の最後の言い分を聞いて、ゆっくり眠ら...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 冗舌な死者2 殺意の氾濫
    「その死体、どんな所見だったんですか?」 「車に轢かれた溺死体だよ」 公園の奥で発見された、女子大生の死体。水たまりのかけらもない場所での溺死所見、しかも車に轢かれたあとがあった。しかし、犯人が引きずって運んだような痕跡はない。とすれば、彼女はどうやって死んだのか…? 千葉圭一郎と栗山玲奈は、その謎を解くために現場へと向かった。はたして、そこで発見したものは… 「監察医の仕事...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 冗舌な死者3 孤独の構図
    誰にも発見されず、何日も野ざらしになっていた全裸の女性。遺体の状況から死因は首吊り自殺だと断定されたが、周囲に首を吊ったあとは残っていなかった。この女性は、どこで自分の命を絶ったのだろうか。そして、どうやってここまで移動したのだろうか。深まる謎に、東京都監察医務院中野分室室長の千葉圭一郎が挑む。  「監察医の仕事は、死者の最後の言い分を聞いて、ゆっくり眠らせてあげることだ」...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 冗舌な死者4 牝肉の誘惑
    顔の上半分がなくなった死体。その状況は、散弾銃による自殺を示唆していた。しかし、近くに散弾銃はない。となれば、他殺か。しかし他殺であるならば、なぜわざわざ被害者を眠らせて接射したのか。また、顔の上半分を吹っ飛ばすには、どうやって撃てばいいのか。  「監察医の仕事は、死者の最後の言い分を聞いて、ゆっくり眠らせてあげることだ」。千葉圭一郎の言葉に感銘を受け、監察医になった栗山玲...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 冗舌な死者5 凌辱鬼
    110円(税込)
    監察医のもとに運ばれてきた猟奇殺人の被害者は、玲奈の友人である英美の先輩女医だった。  遺体を見た瞬間、妙な胸騒ぎを覚えた玲奈は、すぐに携帯を取り英美にコールしたが、 『おかけになった電話番号は、現在、電波の届かない場所にいるか──』というアナウンスが流れた。 「まさか、英美……」  「監察医の仕事は、死者の最後の言い分を聞いて、ゆっくり眠らせてあげることだ」。  千葉圭一郎の言葉...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 冗舌な死者6 生ける屍の深淵
    青いビニールシートをめくると、半裸の女性の屍が仰向けになっていた。白い頸に、絞められた痕があった。  初めての検死を終えた栗山玲奈は、「路上からここへ引きずりこまれ、強姦されたのちに殺されたものと思われます」と報告した。それを聞いた千葉圭一郎は、「最も大切なことを見逃している」と指摘し、遺体の足を開いて言った。「この陰部の傷、どう思った?」  「監察医の仕事は、死者の最後の言...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 冗舌な死者7 境界の彷徨人
    別荘で発見された、男女の焼死体。タバコの不始末による火事にも思われたが、なぜか顔面だけが炭化していた。解剖してみると、炭粉を吸った痕跡もない。つまり、二人は殺された後に焼却されたのだ。だとすると、殺人犯がほかにいるということになる。資産家の跡目争いか、あるいは無理心中か。圭一郎たちの捜査が始まる。  「監察医の仕事は、死者の最後の言い分を聞いて、ゆっくり眠らせてあげることだ...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 冗舌な死者8 愛という名の迷宮
    朋子は、テーブルに置いていたグラスに手を伸ばした。そのグラスには、ウイスキーがなみなみと注がれていた。 中には、まっさらのタバコが一箱分、漬け込まれている。溶け出したニコチンが、澄んだ琥珀色の液体を、茶黒い汁に変えていた。「あなたの幸せを祈ってるわ。乾杯」 朋子は、グラスを口元に近づけた。異臭が鼻を突く。しかし、朋子はたじろぐことなく、ニコチンの絞り汁を喉へ流し込んだ。「監...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 冗舌な死者9 優しさの行き着く場所
    「きゃー!」 サンモールの方で女性の悲鳴が響いた。歳は五十半ばぐらいか。でっぷりとした大柄の男だ。右手には包丁を握っている。 事件当日、自殺を試みた男は母親を殺した。「母親の遺体はベッドで確認された。境田は両手で母親の首を絞めて殺したと供述したんだが……」「監察医の仕事は、死者の最後の言い分を聞いて、ゆっくり眠らせてあげることだ」 千葉圭一郎の言葉に感銘を受け、監察医になった...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 冗舌な死者10 生の証
    110円(税込)
    湯浅浩二郎、五十三歳。死因は脳梗塞。 死亡推定時刻は、前日の午前九時から正午の間。 ちょうど十二時間程度経っているようだ。 「身元も死因もわかっている。これだと、我々が司法解剖する必要はないのでは?」 しかし、報告書には驚きの事実があった。 ――男は“すでに五年前に死亡していた”のだ。 「監察医の仕事は、死者の最後の言い分を聞いて、ゆっくり眠らせてあげることだ」  千葉圭一郎の言葉...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 冗舌な死者11 魔刻捜査(前)
    結婚を決意した監察医・栗山玲奈。 幸せムードが一変する、不可解な事件が彼女に降りかかる。 遺体の状況から、ほぼ自殺に違いない。 死因は、手首を切ったことによる出血多量の失血死。 そこも揺るがない。自殺の確認作業で終わるだろう。誰もがそう思っていた。 しかし、どうも気になる点が1つある――。 「監察医の仕事は、死者の最後の言い分を聞いて、ゆっくり眠らせてあげることだ」 千葉圭一郎の言...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 冗舌な死者11 魔刻捜査(後)
    一見自殺のように見える女性の遺体。しかし、腑に落ちない点があった。 監察医である千葉圭一郎は、さまざまな状況を考慮した上で「殺人事件の可能性あり」と判断。 捜査を進めていくうちに、意外な人物にたどりついた……。 新進気鋭のミステリ作家、矢月秀作の手による本格ミステリー「冗舌な死者」シリーズは、本作品でいよいよ最終話を迎える。 事件の背後に隠された黒幕とは、そしてその戦慄すべき殺人...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています