朝の光に咲く花

朝の光に咲く花

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「あなたは外科医なの?」看護師のグルナールはダンテと名乗ったその男をじっと見つめた。民族紛争が続くコーカサス地方。グルナールは武装集団に占拠された市庁舎で負傷者の手当をしていた。男たちの仲間だとばかり思っていた彼が、ありあわせの医療器具で、重傷患者の応急手術を始めたのだ。その手際のよさは、彼女が思わず見とれるほどだった。彼はどの組織にも属さず、独りで医療活動を行っているという。これほど優秀な医師が、なぜそんな危険を冒してまで……?彼の話がまだよく信じられないまま、グルナールの胸は高鳴った。■ディザイアでも人気のオリヴィア・ゲイツの作品をお贈りします。過酷な紛争地帯で出会った二人。死を前にして、なお激しく燃えあがる至上の愛を描いた作品を、どうぞお楽しみください。

ジャンル
出版社
ハーレクイン
掲載誌・レーベル
ハーレクイン・イマージュ
ページ数
156ページ
電子版発売日
2011年01月31日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

朝の光に咲く花 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2010年07月19日

    オリヴィア・ゲイツの人道支援に関する作品は医療専門用語が次々に出てきて始めて耳にするような言葉が多いですが、現場の緊迫感がヒシヒシと伝わってきます。今作品も同様でした。ヒーローとヒロインに次々に訪れる過酷な出来事に一気読みです。ヒーローの思い、ヒロインの思い・・・切ないですね。
    (I-2105)

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています