挑戦 常識のブレーキをはずせ

挑戦 常識のブレーキをはずせ

作者名 :
通常価格 1,430円 (1,300円+税)
紙の本 [参考] 1,540円 (税込)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

藤井聡太、史上初、10代四冠達成!
「iPS細胞という新技術をいかに多くの患者に届けるか」をミッションとする研究者。「数字・記録よりも、自分自身としてどこまでも強くなりたい」と語る棋士。
研究者と棋士。分野は違っていても、過酷な競争の世界で最前線で前人未到の挑戦を続けるふたり。彼らの日常の準備、学び方、メンタルの持ち方、AIとの向き合い方・・・。
日々努力を続けるすべての人へ贈るメッセージ。

【内容】

第1章 限界を自分で決めない

コロナ禍で自分を見つめ直す
雨に文句を言っても仕方ない etc.

第2章 今できるベストを尽くす

決断することが大切
集中力の源は体力にある
将棋の魅力とは   etc.

第3章 自らの可能性を広げる

発想力と経験値
脳細胞を若返らせる
自分の専門分野に閉じこもらない
発想のチャンスは身近にもある

第4章 負けから学ぶ

負けたところからどれだけ学べるか
悔しがる力
相手が誰でも意識しない
プレッシャーを解消する方法 etc.

第5章 AIが常識というブレーキをはずす

きわどいところを踏み込んでいく
人間がAIから学ぶ時代
AIで自由度が上がる
人間だけが持っている能力  etc.

第6章 強くならなければ見えない景色

人生何が良くて何が悪いかわからない
強くなるための方法論
ビジョンを見失わないこと   etc.

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 教育
出版社
講談社
ページ数
192ページ
電子版発売日
2021年12月07日
紙の本の発売
2021年12月
サイズ(目安)
3MB

挑戦 常識のブレーキをはずせ のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    Posted by ブクログ 2022年05月28日

    棋士の藤井聡太さんと山中伸弥さんとの対談本。お二人はもともと面識があったようです。
    対談の最初のほうは山中先生ばかりが話してましたが、中盤くらいから藤井さんも話すようになりました。
    藤井さんはAIをかなり活用して強くなっている棋士で、「将棋ではこれまでずっと強くなるための方法論があまり確立されてこな...続きを読む

    0

    Posted by ブクログ 2021年12月31日

    藤井聡太竜王と梅原大吾選手(eスポーツ・プロゲーマー)が全く同じ事を言っている箇所が有り、かなり驚きました(※強くなる事・勝敗についての向き合い方について)。全く同じ。

    0

    Posted by ブクログ 2022年07月29日

    異業種で結果を出している二人の対談。
    最初の方は?山中さんの熱量が凄くて藤井さんが少し冷めているように感じたのですが、それは元々棋風でもある冷静さの現れなのかなと読み進めるうちに改めることに。
    「AI」の活用などの話にもなり、新しいことを取り入れる、試してみる、ということの大切さ、素晴らしいさを二人...続きを読む

    0

    Posted by ブクログ 2022年03月20日

    2012年のノーベル生理学•医学賞受賞者である山中伸弥と2022年3月20日現在5冠の将棋棋士である藤井聡太の、2021年4月以降は出版を前提としたオンラインでの対談をもとに2021年10月時点でまとめられた本。

    0

    Posted by ブクログ 2022年02月23日

    将棋 20代半ばから30代が実力的なピーク 
     常に違う局面になるので経験はそのままの形で生きてこない
    研究者 発想と経験を合わせてピークは40くらい?
     どうして歳をとるのか?
     植物は万能細胞だらけ

    将棋とAI
    AIを教師として判断  人間とは違う価値観、感覚で自由度が上がる
    AIは答えの理由...続きを読む

    0

    Posted by ブクログ 2022年02月18日

    今ある状況で自分が何ができるかということ。やはり目の前のことに集中してやるしかない。
    藤井氏は将棋の研究を違った目線で見直すことができたという。山中氏も勉強できる時間が増えたと言う。

    柔軟に対応することがパンデミックに対してはとても大切。この対応で、海外との差が広がってしまった。しかし、この教訓を...続きを読む

    0
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2022年01月02日

    制限がある中で、自分にできることをする。長い目で見て、今すべきことを見つけて行動する。その大切さを、二人がそれぞれの経験をもとに語っていた。

    自分に負けたくない、今の自分より少しでも強くなりたいとの言葉に共感。

    物事を俯瞰して、今できるベストを尽くす。その積み重ねが自分を作っていくと再認識した。

    0
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2022年02月07日

    思ったほど会話に広がりがなくてちょっと肩透かしな感は否めない。
    藤井君はタイトルを狙うというより、眼前の対局に勝っていけば結果は自ずとついてくるし、もっと高みに上るために将棋界全体の底上げをしようとしている野心が垣間見えた。今後の活躍も楽しみ。

    0

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める 学術・語学

学術・語学 ランキング