パラソルでパラシュート

パラソルでパラシュート

作者名 :
通常価格 1,672円 (1,520円+税)
紙の本 [参考] 1,760円 (税込)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

企業の受付に勤める29歳の美雨は、人生に惑い、未来にも漠然とした不安を抱えていた。そんな中で出会った、売れないお笑い芸人、亨。彼が気になり始める美雨だったが、ままならない恋愛事情は、亨の相方との「奇妙」な三角関係に発展し……。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
講談社
ページ数
256ページ
電子版発売日
2021年11月25日
紙の本の発売
2021年11月
サイズ(目安)
4MB

パラソルでパラシュート のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2022年07月10日

    ただ生きることの難しさ。
    芸人になることはできても、ただ芸人であることの難しさとすごさ。

    ちょっとしたことで変わっていくこと。
    圧力かける社会もあること。

    自分は自分でいいと背中を押してくれる人がいること。

    えげつなさはなかったけど、最後はゾクゾクした。
    お笑い部分は、純粋におもろかったなあ。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年05月26日

    うまくは言えないけれど、一言で言えば、芸人描く小説で売れたり売れんかったりの決戦型小説とは一線を画し、人と人のつながりやこだわりややるせなさをど素人のちょっとはずれている崖っぷちの女性の視線と気づきから丹念に描き、なんとも言えない互いの寄り添いを持って読者に心地よいため息を残した秀作です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年05月17日

    基本的に小説で描かれる風景は全てが自分でイメージして読むもので、今まで読んだ本はすべてやんわりとしかイメージできませんでしたが、
    一穂ミチさんの作品は、風景がハッキリとイメージできます。
    居酒屋で飲んでるグラスの底淵の水滴跡とか、家のすりガラスにある十字架のよくわからない模様とか、台風の日の雨樋から...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年05月13日

    いいなぁ〜。
    居るだけでどんどん自分のことを話したくなる人っていて、主人公がまさにそれ。
    特に大きなアクションを起こすわけでもないんだけど、その無害さがかえって周りの人に影響を与えるというか。
    切羽詰まっているようで穏やかなようで、すごく面白かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年05月01日

    私この作者すきだわ
    読みやすかった。

    亨と弓彦の関係を尊いものとして推活始めたことで雨ちゃんが人生にオラワクワクしてきたぞ状態になったのやべーけど分かるしかない

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年07月30日

    一気読み。人間ドラマだなぁ。でも映像じゃだめだ。行間から漂う色んな感情や細かい気持ちの描写があってこそ生きる。

    私は亨より弓彦が好きだな。不器用で気に食わないときはその感情を隠そうともしないけど、亨演じる「夏子」を見てそっと涙を流したりするところとか。
    美雨とうまくやっていけそうな気もするが、そう...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年07月28日

    女、男関係なく30代前後の
    一番もがき苦しむ年代を
    なんとも繊細なところが
    上手に描けていて刺さった。

    芸人さんたちとの交流で
    生き方が変わっていった主人公が
    すごく羨ましかった。

    それにしても出だしのライブの描写は
    秀逸。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年07月02日

    大阪の一流企業の受付で契約社員として働く29歳の美雨は、売れない芸人の亨と出会う。摑みどころのない亨と仲間の芸人たちとの交流を通して、退屈だった美雨の人生は輝きはじめるが、やがてひとつの嵐が訪れ…。

    結構好きかも。
    story for youつながり。。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年06月26日

    「笑いに変えられることだけが個人の不幸な出来事の救い」
    大きな事件はないけれど、登場人物たちの会話がとても軽快で、重くなく、こんな返し方いいなあと思えるセンスある言葉がたくさんありました。
    安全ピンの2人の関係性がちょっと危うくて読んでてドキドキしました。個人的には弓彦推し。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年05月17日

    帯のコメントから「恋愛ものやったらどうしよう…」とか
    読み始めてからも「え…この人とこの人がくっついたらつまらんな…」とかいらんこと考えてました。
    けど、半分過ぎくらいからそんなんどうでもよくなって、
    読み終わると、これは「ひとりとひとりとひとり」のお話でした。
    将来のために〜とか、スキルアップして...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める 小説

小説 ランキング