ゴリラからの警告「人間社会、ここがおかしい」

ゴリラからの警告「人間社会、ここがおかしい」

作者名 :
通常価格 1,300円 (1,182円+税)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

既存の枠にとらわれない新しい価値観をどのように生み出していけるのか。「個」が強調される中、信頼に足る家族・コミュニティーをいかに作り上げることができるのか。みなの声に耳を傾ける社会を実現するには、どうすればよいのか。霊長類の目があれば、自ずと答えは見えてくる。学びの基本、サル真似ができる霊長類は人間だけ? 大量発生中のイクメンはゴリラ型の父親? 「ぼっち飯」ブームは、人間社会がサル化している証拠? 現代日本の民主主義はゴリラのそれ以下? 動物の一種としての人間に立ち返り、これからの共同体・国家のあり方を問い直す。

※こちらの作品は過去に他出版社より配信していた内容と同様となります。重複購入にはお気を付けください

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 社会問題
出版社
毎日新聞出版(インプレス)
ページ数
208ページ
電子版発売日
2021年10月29日
サイズ(目安)
1MB

ゴリラからの警告「人間社会、ここがおかしい」 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年06月21日

    ◯大変面白かった。最近ゴリラがマイブームだったので、何かゴリラの本を読もうと思って手に取ったのだが、ゴリラの本というよりは、著者の魅力が溢れる本という方が正しいような気がする。
    ◯新聞で掲載されていたコラムがまとめられた本であり、ゴリラに関する知識が別段増えるわけではない。著者の世界を見るときの考え...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月21日

    とても読みやすかった。
    ゴリラの眼から世界を見つめたとき、人間たちはなぜ満たされないのか?どうすればしなかやかな人間になれるのか?どうして平和への近道を見落としてしまっているのか?
    人間をいち動物として考え直すことができた。

    私もゴリラのように泰然自若に生きたいものだ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月26日

    ゴリラから見た人間とは!?
    とても考えさせられる一冊でした。
    視点が独特で面白い!
    人間が人間たる所以を少しでも知ることができたように思います。
    人間らしい、とは何のだろうか!?

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月04日

    少し前の話ですが
    京大の学生寮「吉田寮」のことが
    いっとき話題になっていましたね
    その時に
    「学生諸君も もう少しゴリラらしく対応できれば
     いいのだけれど…」
    というニュアンスのコメントが
    山際寿一総長のお言葉として
    報じられていた記事を読みました
    それも
    どちらかといえば
    ーなんということを
     ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月30日

    とくに第一章は面白い。

    西洋人が自らを知るためにインディアンを定義することを目指したように、人類が自身を知るためにゴリラを調べる。

    比較対照があってこそ、そのものを理解できる。ということの意味を知ることができた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月01日

    ゴリラの視点からとらえた人間社会。
    鋭い!!目から鱗ではっとさせられた。
    高校生ぐらいのときに知ってたら京大目指してたなぁ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年02月13日

    面白かった。
    人間だけが文化を持つ存在じゃない。ゴリラを中心に、チンパンジーやサルなど類人猿の社会性から、人間が生活する現代社会を見直す本。
    京大で勉強したくなった…

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月12日

     ゴリラ研究の第一人者にして、京大総長の、毎日新聞に寄せたコラムをまとめた、非常に読みやすい一冊。
     2012年4月から16年3月までの記事をもとにしたものだが、著者の筋の通った考え方に共感する。
     ゴリラ、サルを通じていかに人間が進化してきたかを知れるともに、果たして本当に我々は進化しているのかと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月26日

    著者の山極さんは、ゴリラ研究の世界的権威であり、京都大学総長でもあります。内容は「毎日新聞」の連載コラムに手を入れたもので、手頃な長さの小文集です。自ら群れの中に入って体験したゴリラの生態を「鏡」に、今の人間の考え方や行動を、それが個人としてのものもあれば、集団としてのものもありますが、省みて、分析...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月08日

    君たち(人間)はどう生きるか、のセンスの良さ。
    内容は京大総長による現代社会批評である。気遣い、笑いの共有、広い共同体などはサルにはない人間特異な性質。ネットばかり見て個人の利益だけ考えるのではなく、せっかく人間なのだからもっと他者と関わったら?という話。サルが進化の過程でその能力を身につけなかった...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める 社会・政治

社会・政治 ランキング