海上保安庁 第七管区(九州)新人海上保安官・仙崎大輔の乗る巡視船「ながれ」が出航した。目的は、SOSを受けた中国船籍「鳳来号」の救助。偶然、乗り合わせてしまった新米新聞記者・浦部美晴とともに、岩礁の「鳳来号」のもとへ急ぐ「ながれ」。。極限状態の中、ひとに何ができるというのか!?海をめぐる熱き人間ドラマ、今、ここに始まる!!

ジャンル
出版社
佐藤漫画製作所/漫画onweb
ページ数
213ページ
電子版発売日
2012年11月22日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • 海猿1
    完結
    通常版 1巻 324円(税込)
    海上保安庁 第七管区(九州)新人海上保安官・仙崎大輔の乗る巡視船「ながれ」が出航した。目的は、SOSを受けた中国船籍「鳳来号」の救助。偶然、乗り合わせてしまった新米新聞記者・浦部美晴とともに、岩...
  • 海猿2
    完結
    通常版 2巻 324円(税込)
    福岡県・八幡崎。親子4人の乗ったプレジャーボートが転覆した。両親は救出されたが、幼い姉弟2人が行方不明に……。出勤命令を受けた第七管区・海上保安部の巡視船「ながれ」。その乗組員、仙崎大輔は、大き...
  • 海猿3
    完結
    通常版 3巻 324円(税込)
    たけちゃん…!!大輔の叫びがこだまする。福岡県・八幡崎、プレジャーボート転覆事故。船底にとり残された子供を救うため、保安部は、ある作戦を決行!!生か死か?許された時間は2分。その結果は……。そし...
  • 海猿4
    完結
    通常版 4巻 324円(税込)
    海上保安官の中でも、1%しかいない潜水士。その資格取得のため潜水訓練に参加した仙崎大輔。海中という異常な空間で命を預けあう相棒(バディ)は、工藤始。友情とは……!?仲間とは……!?大輔、20歳の青春...
  • 海猿5
    完結
    通常版 5巻 324円(税込)
    「もう一度、空を見よう…!!」潜水士資格取得のため、厳しい訓練をともにくぐり抜けてきた仙崎大輔と、その仲間たち。盟友、工藤の死を経て、彼らは、遂に最終訓練を迎える!!そして……海上保安庁史上、46...
  • 海猿6
    完結
    通常版 6巻 324円(税込)
    日本中が騒然となった不審船事件。その最前線で、海上保安庁史上46年ぶりの実践射手となった仙崎大輔。任務を終え、帰港する巡視船「ながれ」と大輔を待っていたのは……。関門海峡で、大規模海難発生!!要...
  • 海猿7
    完結
    通常版 7巻 324円(税込)
    開門海峡、大規模海難!!沈みゆく船にとり残されながら“全員、助ける”ことをあきらめない大輔。彼の理想は現実となるのか!?そして、大輔が初めて乗務した巡視船「ながれ」に別れを告げる時がきた。涙っ...
  • 海猿8
    完結
    通常版 8巻 324円(税込)
    大輔が転任した巡視船「かいこう」の任務はマラッカ海峡での海賊退治だった!!追いつめられた海賊は人質を海へ。救助作業に向かう大輔達潜水士。その時、一発の銃声が轟く…。そして、池澤航海士が殉職。先...
  • 海猿9
    完結
    通常版 9巻 324円(税込)
    池澤先輩を殺した海賊達が助けを求めている…憎むべき海賊を救助に向かう大輔。死ぬべき命なんて…存在しない…。マラッカ海峡での任務を終え日本に戻った大輔を待っていたのは、後輩の入谷弘治。「次は自分が...
  • 海猿10
    完結
    通常版 10巻 324円(税込)
    後輩ができた。懲戒処分を受け、停職になった。あんなに好きだった恋人、美晴と別れた。誰かが言ってた……終わりは次の始まりなんだって……。そして最後の事件が起きようとしていた。

海猿1

購入済み

海猿1

かーるせん969 2017年08月27日

展開が気になり、一気に読みました。

このレビューは参考になりましたか?

海猿12

購入済み

圧倒的な感情表現力!!

saturday 2017年01月02日

仙崎の愚直さに惹き込まれます。
信じることを信じさせてくれます。
今だから読んでほしい名作。

このレビューは参考になりましたか?

海猿1

ネタバレ購入済み

現実

錯乱坊 2014年08月14日

実写版の世界観…ではありません。

人が簡単に死んでいってしまう光景。

実写版ラスト作で取り上げられた旅客機墜落事故。

大勢が亡くなり、海中に沈み行く旅客機周りに漂う遺体の数々。

如何に実写版が綺麗事で済まされているか、イヤというほど思い知らされます。

でも完読できてしま...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?