いま「縄文」が熱い注目を集めています。
東京国立博物館では、特別展「縄文-1万年の美の鼓動」が2018年9月2日まで開催中。
会場には「縄文の美」を目がけて、多くの人々が足を運んでいます。
そもそも縄文時代が、実は1万年も続いたことを皆さんは知っていますか?
しかも縄文時代の人々は、自然と共存し、戦争もせず、サステイナブルな社会を築いていました。
そんな豊かな暮らしの中で生まれたのが、あの土器や土偶たち。
その造形の美しさ、愛らしさ、不思議さに多くの人々が夢中になっています。
縄文はまさにエンターテインメントの宝庫。
そして、世の中が少なからず閉塞感を抱え、本当の豊かさが見直されている現代、
未来のヒントは、意外と縄文人の生き方に隠れているのかもしれません。
いま改めて、縄文が知りたい――。
現代人が一番受けたい縄文授業、開校です。
※デジタル版には、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、掲載情報は原則として奥付に表記している発行時のものです。

ジャンル
出版社
エイ出版社
ページ数
208ページ
電子版発売日
2018年08月06日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50
  • Discover Japan 2018年9月号 Vol.83
    NEW
    通常版 700円(税込)
    いま「縄文」が熱い注目を集めています。 東京国立博物館では、特別展「縄文-1万年の美の鼓動」が2018年9月2日まで開催中。 会場には「縄文の美」を目がけて、多くの人々が足を運んでいます。 そもそも縄...
  • Discover Japan 2018年8月号 Vol.82
    通常版 700円(税込)
    そろそろ夏休みのこの時期、夏を満喫するためにオススメの名宿とリゾートを紹介いたします。日本には、一生に一度は訪ねてみたい、 「この世の楽園」とも呼べる場所が沢山あります。 人生観が変わるくらい...
  • Discover Japan 2018年7月号 Vol.81
    通常版 700円(税込)
    そろそろ夏休みのこの時期、夏を満喫するためにオススメの名宿とリゾートを紹介いたします。 話題のホテル&リゾートから老舗の名旅館、知る人ぞ知る宿まで、 夏ならではの愉しみ方があるところをバリエー...
  • Discover Japan 2018年6月号 Vol.80
    通常版 700円(税込)
    いま日本茶を取り巻くシーンが変わってきています。 これまで日本茶といえば、無料でサービスされるものだったり、 茶道のように型があるもの、といったとらえられ方をしていました。 しかし現在、嗜好品と...
  • Discover Japan 2018年5月号 Vol.79
    通常版 700円(税込)
    昨年の「GINZA SIX」オープンに象徴される銀座の再開発を筆頭に、 渋谷、丸の内、日比谷など、東京都内では、 2020年に向けて様々なエリアで新陳代謝が進んでいます。 古より、あらゆるジャンルにおける情...
  • Discover Japan 2018年4月号 Vol.78
    通常版 700円(税込)
    AI、IoT、ロボット……ここ最近これらの単語を聞かない日はありません。ソニーは12年ぶりに新型aibo、シャープはコミュニケーションロボット・ロボホンを相次いで発売。ドラえもん、鉄腕アトムとい...
  • Discover Japan 2018年3月号 Vol.77
    通常版 700円(税込)
    いま、「地方で暮らす」ということが、どんどん身近になってきています。 かつて「移住」とは、都心で仕事をする人にとってはかなりハードルの高いものでした。 しかし現在、週末のみのプチ移住や、都会と...
  • Discover Japan 2018年2月号 Vol.76
    通常版 700円(税込)
    今年は明治になってからちょうど150年。日本史上最大の出来事・明治維新は、約270年続いた江戸時代の常識が通じなくなった変革期でした。そして、そんな状況に対応し、身分の枠や国境を超え、従来の常識に...
  • Discover Japan 2018年1月号 Vol.75
    通常版 500円(税込)
    年末も差し迫り、何かとお酒を飲む機会が増えてくる時期。 最新号では「ニッポンの酒、最前線」と題し、 いま飲むべき酒について盛りだくさんの情報をお届けします。 まず日本酒。 今回は「ドメーヌ」をキ...
  • Discover Japan 2017年12月号 Vol.74
    通常版 500円(税込)
    今回の特集では、目利きと呼ばれる人たちが愛用しているものを見せてもらいました。俳優・光石研さんが台本を入れるために使っているトートバッグ、ファッションデザイナー・菊池武夫さんが色違いで揃える...

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。