このエントリーをはてなブックマークに追加

11/14(金)

毎週更新!BookLive! 書店員の愛と独断と偏見による「五つ星作品」をご紹介♪今週は『繰繰れ!コックリさん』『ユリゴコロ』の2作品です。

  • 今度は「オカン系男子」が人気!?

    • 繰繰れ! コックリさん1巻

      繰繰れ! コックリさん1巻

      遠藤ミドリ
      スクウェア・エニックス
      1~11巻
      606円(税込)

      モフモフしたくなる度

      作品タイトルに「コックリさん」というワードがあったので、ホラー系のマンガかと思い、なかなか読めなかった作品。が、しかし!開けてビックリならぬ、読んでビックリ!全然違うどころか、ホラー要素はほぼ皆無!!
      物語は、自称イケメンの「コックリさん」と、自称人形の「こひな」による非日常的ゆる~いギャグでした!

      登場人物の個性的なキャラも魅力の1つで、コックリさんの家事全般をこなすオカンっぷりや、こひなのデンパっぷり、そのほかにも鬼畜なストーカーやプロのニートなどなど、カオスな登場人物が面白イイ!

      個人的には、コックリさんが狐モードになっても家事をする姿がかわいすぎてしょうがない!!
      モフモフしたくなる気持ちは読めばわかりますので是非!ヾ(≧ω≦)ノおすすめです☆
      (書店員・うららか)

      作品詳細へ シリーズ一覧へ

    心がほっこり癒し系マンガ

    マンガ

    きのこいぬ

    マンガ

    しばいぬ子さん

    マンガ

    おしゅしだよ

    マンガ

    星守る犬

    マンガ

    うちの3ねこ
  • 「ユリゴコロ」に満たされるとは?

    • ユリゴコロ

      ユリゴコロ

      沼田まほかる
      双葉社
      1巻
      550円(税込)

      最初から最後まで「何だこれ?」と目を離せない度

      突然の不幸が次々と家族を襲うさなか、実家の押入れから発見された「ユリゴコロ」というタイトルの奇妙なノート。そこに書かれた「殺人鬼の半生」は一体誰のものなのか。それが判明する時、彼の現実も動き出す…!

      「ユリゴコロ」というノートに綴られた殺人の記憶は、目を覆いたくなるほど残酷で、全くもって共感しがたい。しかしその柔らかな文体からは、どことなく人間に対する不器用な愛情らしきものを感じてしまう。
      作品自体が小説であるのに、作中でも「書かれていることが真実だという直観から逃れらなかった」と述べられているように、このノートの内容はフィクションの類ではなく、本物の手記なのでは?と思えてしまう。その表現力は圧巻。

      後味の悪いミステリー「イヤミス」に挙げられる作品だが、不思議と人間の暖かさが余韻に残る作品です。(書店員・湯たんぽ)

      作品詳細へ

    なんとも言えない気持ちになれる「イヤミス」