このエントリーをはてなブックマークに追加

8/29(金)

毎週更新!BookLive! 書店員の愛と独断と偏見による「五つ星作品」をご紹介♪今週は『あまからカルテット』『闇金ウシジマくん』の2作品です。

  • 空腹時の読書に注意!

    • あまからカルテット

      あまからカルテット

      柚木麻子
      文藝春秋
      1巻
      600円(税込)

      腹が減っては戦は出来ぬ度

      寝る前に読んではならない本といえば、続きが気になるミステリー、背筋の凍るホラーが定番だろう。しかし、美味しそうな食べ物がたくさん出てくる本も要注意!私は夜中に『あまからカルテット』を読み始め、冒頭の「お揚げから美味しいおつゆがジュワッ」というお稲荷さんの描写があまりにも美味しそうで、空腹の胃を抱えて悶絶したことがある。
      この作品の登場人物は女子校出身の仲良し四人組。しかしただの美しい友情小説ではなく、仲間割れもたびたび。劣等感や嫉妬など答えの無い問題は女同士のコミュニティにつきものだけど、そのたびに美味しい食べ物が仲直りの勇気をくれるのがこの作品の魅力。
      それにしても、作中に登場する手作りの食べ物たちを実際にぜひ味わってみたいものだ。物語の鍵となるお稲荷さんの表紙写真に思わず、よだれが…。満腹の時に読むことをおすすめしたいが、お腹が空いているときにこそ染みわたる本かも。(書店員・えい子)

      作品詳細へ

  • 怖すぎる!のにじわじわハマるこの中毒性は何だ!?

    • 闇金ウシジマくん(1)

      闇金ウシジマくん(1)

      真鍋昌平
      小学館
      1~38巻
      540円(税込)

      闇金に手を出してはイカン度

      10日で5割の暴利を貪る闇金・カウカウファイナンス。パチンコ依存症の主婦には1日3割の金利で金を貸し、返済できずに風俗で働くOLは少しずつ精神を病んでいく…。

      読み終えて感じるこの絶望感といったら!でも読み進めていく毎に見えてくる、人間の弱さや汚さ、闇。身体を売って返済して、子供に申し訳ないと思うのにパチンコをやめられない母親。同僚への見栄のためにお金を借りるOL。どこにでもいそうな人たちが闇に堕ちていく姿は、どこか藤子不二雄(A)先生の『笑ゥせぇるすまん』を彷彿とさせます。(でももっとリアルで残酷でおそろしい)

      まじめにコツコツ働いて、たまのご褒美に旅行したり洋服を買ったりする平凡な日々が、すばらしいことだと思えてきますよ。(書店員・マキ)

      作品詳細へ シリーズ一覧へ

    気になる「闇」の世界