このエントリーをはてなブックマークに追加

11/8(金)

毎週更新!BookLive! 書店員の愛と独断と偏見による「五つ星作品」をご紹介♪今週は『青春しょんぼりクラブ』『空白の五マイル チベット、世界最大のツアンポー峡谷に挑む』『高橋愛モーニング娘。ラスト写真集「愛愛愛」』の3作品です。

  • 「あぁ、残念」…この作品では褒め言葉です

    • 青春しょんぼりクラブ 1

      青春しょんぼりクラブ 1

      アサダニッキ
      秋田書店
      1~13巻
      432円(税込)

      残念可愛い度

      アサダニッキさんは個人的に猛プッシュ中の漫画家です。島根出身で、登場人物の名前がすべて島根の地名という、郷土愛に溢れた方でもあります。そんな島根を舞台にした『ナビガトリア』もおすすめですが、今回はこの『青春しょんぼりクラブ』をご紹介!

      好きになった男子が100%目の前で彼女を作るという“当て馬体質”な主人公「にま」と、女装男子な隠岐島先輩・イケメンだけどアニオタな簸川先輩・他人の恋愛を観察する依ちゃんという、少々残念要素が漂うメンツを中心に、それぞれの恋を見守ったり奮闘したりと「3歩進んで2歩下がる」的展開を繰り広げます。そのやきもき具合がもどかしく残念で、でも可愛い!恋愛そのものより、友情に対してホロリとさせられる場面も多いです。

      大笑いではなく、ちょっとクスッとしてしまうギャグの畳み掛け方や、悪だくみをする生徒も結局はいい子!という設定は、作者があるインタビューで「三谷幸喜作品の影響」と話していた通り、彼の脚本を彷彿とさせる独特のリズムがあり、一度ハマると病みつきに!普段少女マンガを読まない男性にもおすすめです。(書店員・鮭)

      作品詳細へ シリーズ一覧へ

    アサダニッキ作品&島根に行きたくなったらガイド本

    ナビガトリア

    マンガ

    名探偵部この後すぐ!

    マンガ

  • 21世紀探検家の憂鬱

    • 空白の五マイル チベット、世界最大のツアンポー峡谷に挑む

      空白の五マイル チベット、世界最大のツアンポー峡谷に挑む

      角幡唯介
      集英社
      1巻
      540円(税込)

      死ぬかと思った度

      すべての事はもう一度行われている
      すべての土地はもう人が辿り着いている
      ――――― 『マニアの受難』 ムーンライダーズ

      今どき探検家ほど活躍が難しい職業もないだろう。マロリー、アムンセン、植村のような英雄の活躍はすでに前世紀の神話。今でも世界は驚きに満ちているが、前人未到の峰や秘境はほとんど残っていない。文中の著者のセリフは、世界中で共通する悩みに違いない。
      「いったいどこを探検すればいいのかよくわからない」

      そしてようやく見つけたわずか五マイルの、しかしながら人跡未踏の地、チベット・ツアンポー。
      Google Earthで下調べして出かける、21世紀の探検の顛末は?
      高野秀行さながらのエンタメ冒険譚を予想していたが、いやはや、これほど凄まじい展開になるとは。
      名声を伴わない命懸けの行為。現代に生きる探検家の勇気と業に満ちたドキュメンタリーです。(書店員・purintai)

      作品詳細へ

    冒険者たちの記録

    極北に駆ける

    文芸

    アタカマ高地探険記 風と砂とインカの道

    文芸

    垂直の記憶

    文芸

    新編 単独行

    文芸

    北壁の七人 カンチェンジュンガ無酸素登頂記

    文芸