4月19日

毎週更新!BookLive! 書店員の愛と独断と偏見による「五つ星作品」を紹介します♪

  • 70年以上たった今も色あせぬミステリーの傑作

    • そして誰もいなくなった

      そして誰もいなくなった

      アガサクリスティー / 青木久惠
      早川書房
      1巻
      668円(税込)

      そして、誰もいなくなる度

      アガサ・クリスティーの最高傑作ともいわれる作品。刊行されたのは約70年前だが、今もなお評価が高い。映画化もされており、ファンでなくとも、作品名を聞いたことがある方も多いだろう。
      「クローズド・サークル」(外界との接触が断たれた状況で起こる事件)の代表作としても有名で、孤島に招待された男女が一人ずつ殺されていく設定が秀逸だ。「この場所から逃げられない」という状況に加え、殺人予告となる童謡の歌詞がさらに恐怖を煽ってくる。が、登場人物が消えていく中、犯人は一体誰なのかと推理をめぐらせるのは、実に楽しい。小説の結末は映画と異なるため、映画を見たという方も、ぜひ手にとって楽しんでいただきたい。(書店員・カシオペア小僧)

      作品詳細へ

    読み比べたい新旧ミステリーの傑作

    金田一耕助ファイル

    文芸

    新装版 殺しの双曲線

    文芸

    十角館の殺人〈新装改訂版〉

    文芸

    そして誰かいなくなった

    文芸

    リピート

    文芸

  • 荒唐無稽でカッコいい!

    • ドリフターズ 1巻

      ドリフターズ 1巻

      平野耕太
      少年画報社
      1~5巻
      540円(税込)

      ビンビン度

      関ヶ原の戦の最中、突如として異世界へと送り込まれた島津豊久。エルフやドラゴンなどもいるファンタジックな異世界に、豊久だけでなく「ドリフターズ(漂流者)」と呼ばれる歴史上の偉人たちが集う。そして始まる異世界での国奪り。
      途方に暮れたくなるほど荒唐無稽な設定に「ぬおっ」と思いながら、戦闘描写の迫力やテンポの良い展開にグイグイ引き込まれる。そしてなんと言っても、ベタ塗りを活かした画風がスタイリッシュで堪らない。
      登場人物たちは各国の偉人なだけあって、キャラ立ち具合もハンパない。私のイチオシは早々に登場する織田信長from本能寺。頭のキレが鋭く、残酷で、そしてお茶目で割と世話好き?なキャラクターが、いい親父すぎる!
      テンコ盛りで、スタイリッシュで、とにかくマンガ性ビンビンの作品です。(書店員・牛肉)

      作品詳細へ シリーズ一覧へ

    マンガで「信長」読み比べ

    信長のシェフ

    マンガ

    センゴク

    マンガ

    信長協奏曲

    マンガ

    へうげもの TEA FOR UNIVERSE,TEA FOR LIFE. Hyouge Mono

    マンガ

    信長の忍び

    マンガ

  • ラノベの先駆け!ギャグファンタジーの金字塔

    • スレイヤーズ1(新装版)

      スレイヤーズ1(新装版)

      神坂一 / あらいずみるい
      KADOKAWA / 富士見書房
      1~15巻
      463円(税込)

      痛快度

      よくわからないけど名前は聞いたことがある。そんな方も多いであろう90年代を代表するギャグファンタジー作品。根はお人よしだけど金に汚くて性格の破綻した主人公リナ。旅の連れは美形の凄腕剣士ガウリイ(ただし脳みそはふやけたパスタ)。
      魔道師としては最強クラスのリナだけど、そもそも純魔族なんて人間の太刀打ちできる相手じゃない。どうするリナ!?(ついでに)どうするガウリイ!?そんなハチャメチャな二人のドタバタ珍道中であります!また、軽妙な会話もスレイヤーズの魅力。「ずべしゃぁっ!」「うみゅ。」等々、たまりませんな(*´ω`*)
      古き良き名作?何をおっしゃいます!今だって笑い、興奮し、涙を流すことウケあいです!(書店員・ばばん坊)

      作品詳細へ シリーズ一覧へ

    剣や魔法、そんな世界が好きな方へ

    ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

    ラノベ

    スクラップド・プリンセス

    ラノベ

    魔術士オーフェンはぐれ旅 新装版1

    ラノベ

    聖剣の刀鍛冶

    ラノベ

    カンピオーネ!

    ラノベ

  • 児童書は迷ったあなたの道しるべ

    • 図書館の主 1巻

      図書館の主 1巻

      篠原ウミハル
      芳文社
      1~14巻
      648円(税込)

      ハートフル度

      「全国書店員が選んだおすすめコミック2013」15位の作品。
      私設の児童図書館を舞台に、メガネでキノコ頭という地味な風貌の青年司書・御子柴(みこしば)が、個々人に合った児童書との出会いを提供することで、人々に影響を与える心温まるストーリー。御子柴がぶっきらぼうに、児童書の中に隠されたメッセージを伝えるシーンは好みの分かれるところですが、児童書を大人の視点で読み解くことによる奥深さ、楽しさを提供してくれるという点は既存の作品にあまり例が無く、面白いと感じることができるハズ。
      子供の頃に出会える児童書は数が限られていると思うので、この『図書館の主』が、昔読むことのできなかった児童書に出会ったり、子供に読み聞かせたい本を見つけたりする一助になってくれるかもしれません。(書店員・新星)

      作品詳細へ シリーズ一覧へ

    「本」がテーマの作品

    図書館戦争シリーズ

    文芸

    ビブリア古書堂の事件手帖

    文芸

    森崎書店の日々

    文芸

    草子ブックガイド

    マンガ

    花もて語れ

    マンガ