「岩波文庫」おすすめ作品一覧

「岩波文庫」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

2018/09/20更新

NEW
地獄の季節
561円(税込)
続巻入荷
カラマーゾフの兄弟 4

「岩波文庫」の作品一覧

代表的日本人
  • ブラウザ試し読み

種の起原
  • ブラウザ試し読み

モンテ・クリスト伯
  • ブラウザ試し読み

新編 悪魔の辞典
  • ブラウザ試し読み

この人を見よ
  • ブラウザ試し読み

草枕
  • ブラウザ試し読み

サロメ
  • ブラウザ試し読み

アイヌ神謡集
  • ブラウザ試し読み

芥川竜之介随筆集
  • ブラウザ試し読み

阿部一族 他二篇
  • ブラウザ試し読み

アメリカのデモクラシー
  • ブラウザ試し読み

嵐が丘
  • ブラウザ試し読み

アラン 幸福論
  • ブラウザ試し読み

アラン 定義集
  • ブラウザ試し読み

アルハンブラ物語
  • ブラウザ試し読み

アルプス登攀記
  • ブラウザ試し読み

アンティゴネー
  • ブラウザ試し読み

怒りについて 他2篇
  • ブラウザ試し読み

「いき」の構造 他二篇
  • ブラウザ試し読み

意識と本質
  • ブラウザ試し読み

イスラーム文化
  • ブラウザ試し読み

伊豆の踊子・温泉宿 他4篇
  • ブラウザ試し読み

イソップ寓話集
  • ブラウザ試し読み

いちご姫・蝴蝶 他二篇
  • ブラウザ試し読み

茨木のり子詩集
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • 歎異抄
    あまりにもモダンな考え方で衝撃を受けた!

    歎異抄は親鸞(1173-1262)の教えを直弟子の唯円がまとめたと言われる書。親鸞の没後作られた。親鸞の教えをやさしく説明したもので、大きく分ければ前半が親鸞の言行録、後半がそれに対する唯円の解説となっている。

    わたしにはどんな宗教に対しても信仰はなく、...続きを読む
  • アイン シュタイン 相対性理論
    アインシュタインの第一論文の翻訳と、その解説(論文を解読したものとも言える)です。うーん、そうはいっても、やはり難しいですね、これを理解するのは。
    ただ、この論文が文庫サイズで読めるという点が感動です。
  • サロメ
    最初はビアズリーの挿絵付きの英語版を手に入れましたが、当時は英語が苦手で読めなかったため、戯曲の内容はこちらの日本語訳で読みました。
    神もご照覧あれ!あの有名な洗礼者ヨハネのエピソードが、世紀末の寵児ワイルドの手で見事なまでにイカれたストーリーに生まれ変わりました。是非ともビアズリーの挿画と一緒にご...続きを読む
  • 国家 上
    ソクラテス先生の僕が考えた最強の国家の巻。

    プラトン哲学の集大成の呼び声も高い本書。
    正義とは何か?という導入部から始まっており、
    理想の国についての議論に移っていくという流れだが、
    扱うテーマは職務や結婚、戦争など多岐に渡っており、
    男性も女性も分け隔てなく向いている職務に着き、
    幸福を皆で共有...続きを読む
  • カフカ短篇集
    特に印象に残った章を二つ。

    ・判決
    ゲオルグは父と話したことで、彼の見ていた現実がただの一面に過ぎない事実を突きつけられる。
    階段を転げ落ちるようなスピードで急速に崩壊してゆく現実。

    ・流刑地にて
    ある流刑地にて犯罪者の処刑を行ってきた将校は、自分の信念によって自らの命を絶つ。
    自分の死によって...続きを読む

特集