「学芸図書」おすすめ作品一覧

「学芸図書」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

「学芸図書」の作品一覧

ユーザーレビュー

  • ほぼ命がけサメ図鑑
    会いたい見たい 触りたい 解剖したい 標本にしたい
    と 五感をフル回転させてサメを語っています
    図鑑としてもとても優秀
    学術的な詳しいところを書いてあるのに
    読んでいて眠くなりません
    これは 著者の方が 多くの一般人にも
    セミナーや講演をされているからかな とても親切です
  • 特権キャリア警察官 日本を支配する600人の野望
    特権キャリア警察官 日本を支配する600人の野望。時任兼作先生の著書。特権キャリア警察官は高学歴で優秀な人間の集まりなのだから、特権階級意識に溺れることなく、誠実な仕事で日本の治安を守ってほしいです。
  • ほぼ命がけサメ図鑑
    タイトルの通り。
    著者のサメ愛をヒシヒシと感じる。

    既にサメ学の専門家となっている小学生たちの存在は驚きだが、心強い。

    紹介されたサメ料理、ぜひ味わってみたい。(が、著者のサメ愛の発現は複雑だ)
  • ザ・ファースト・ペンギンス 新しい価値を生む方法論
    以前読んだ「インサイト」という本も合わせて読んでいくと理解が進む。全体的な流れは本質的には同じもので、少しずつ方法論に違いがあるだけかなあという印象。
  • ザ・ファースト・ペンギンス 新しい価値を生む方法論
    松波さんの講演に2度参加しており、実はまったく知らない内容ということではなかったが、とても新鮮に読めた。
    登場人物に感情移入しすぎたのか、ウルッときてしまった。
    「承認の貯金」が足りない自分にも気がつき逆に勇気ももらえた。いろんなことが線で繋がり、すっきりした気分です。ありがとうございました。

特集