「文芸」おすすめ作品一覧

「文芸」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

「文芸」の作品一覧

ユーザーレビュー

  • 本のエンドロール
    エンドロールといえば、まず最初に思い浮かべるのは映画のエンドロールだと思う。上映終了後、エンディングテーマと一緒に流れるアレである。そこには監督や出演者を始め、制作に携わった様々な方々の名前が記される。
    制作に携わった方々がいらっしゃるのは本も同じ。本には一番後ろの方に、出版社、印刷所、製本所の名前...続きを読む
  • コンタミ 科学汚染
    伊与原さんは3作目だけれど、今回が一番読み応えがあって面白かった。
    マイペースな理系大学准教授・宇賀神と彼に振り回される大学院生・圭のコンビのやり取りもとても楽しいので、ぜひシリーズ化してほしい。

    非科学の中に存在する、科学を装ったニセ科学。
    でたらめな科学用語をちりばめ、あたかも科学的であるかの...続きを読む
  • 本のエンドロール
    これはいい本だ。

    営業のとりあえずはいわかりました、って言っちゃう感じと工場の人の、また振り回されてる、と思いつつも頑張る感じもすごい理解できるし、本が大好きだけど本の奥付に印刷会社が書いてあるとか知らなかった。
    出版社と作家は1つになって作品を作る感強いけど、印刷会社だって確かに紙とか色とか、作...続きを読む
  • 本のエンドロール
    今まで読んだ”お仕事小説”の中で一番よかった。胸熱。
    このジャンルにありがちな、巨大なプロジェクトや途方もない再生を成し遂げるとか企業内に蠢く利権争いや陰謀に立ち向かうとか云々ではなくて、登場人物が(小説らしく多少キャラづけはされているものの)つつましく生きている市井の人々であり、描かれているエピソ...続きを読む
  • 本のエンドロール
    本の世界にいながら、1冊の本がどれだけの手をかけて作られているのか、知っていても感じていなかった、恥ずかしい(*-人-)
    私が取り扱うのは完成した本ですが、大切にしよう、と感じられるとてもいい物語でした!