「毎日新聞出版」おすすめ作品一覧

「毎日新聞出版」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

2018/08/03更新

「毎日新聞出版」の作品一覧

ユーザーレビュー

  • 疾風怒涛!! プロレス取調室(毎日新聞出版) UWF&PRIDE格闘ロマン編
    漫才師 浅草キッドの玉袋筋太郎らがプロレスラーにインタビューをしていく好評シリーズの第3弾。

    そのジャンルを愛すること。

    心から尊敬すること。

    そして、楽しみきること。

    浅草キッドの玉ちゃんは、それが全てやり切れる。

    それは、彼自身が相方の水道橋博士とともに、明日を夢見ながら浅草のストリッ...続きを読む
  • 平和の申し子たちへ(毎日新聞出版) 泣きながら抵抗を始めよう
    なかにし礼さんが時代に対して積極的に発言されていることは、何度か見聞きしたことがあったが、こんなに直接的に思いを綴った詩集をだしていられたとは知らなかった。
    タイトルにもなっている、最初に掲載された詩「平和の申し子たちへ! 泣きながら抵抗を始めよう」は、「2014年7月1日火曜日」から始まる。
    この...続きを読む
  • すごいトシヨリBOOK(毎日新聞出版) トシをとると楽しみがふえる
    凄く面白かった! 老いるということ、自分がその立場にならないとわからないことが読める。また、理解し難かった年寄りの行動あるある、こういうことなのねーとちょっとわかった。

    カラダは老けても心は老けてない、というのは錯覚で、心は老けてないと思うこと自体がまさしく老化のしるし。心も老けるからこそこれまで...続きを読む
  • おもかげ(毎日新聞出版)
    定年退職の送別会で贈られた花束を胸に、家路に向かう地下鉄の中で倒れた男・竹脇正一。
    ICUのベッドの上、生死の境を彷徨う中、妻・節子、娘・茜の婿・武志、親友・徹、看護師・児島、それぞれがそれぞれの越し方を振り返る。

    正一本人は、夢とも現実とも区別のつかぬ世界で、隣の患者・榊原勝男や数人の美しい女性...続きを読む
  • やっぱり食べに行こう。(毎日新聞出版)
    マハさんの取材にもれなく付随している、
    「ぽよよんグルメ」紀行。
    海外も国内も、どの食べ物も美味しそうでした。
    「何の生まれ変わり?」と尋ねて、
    好きな食べ物を答えてもらうと、
    その人の個性が表れるそうです。
    皆さんは、何と答えますか?
    マハさんは、牡蠣だそうです。私は空豆。