「講談社文芸文庫」おすすめ作品一覧

「講談社文芸文庫」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

2018/09/11更新

「講談社文芸文庫」の作品一覧

ユーザーレビュー

  • さようなら、ギャングたち
    自由でリアルだから切ない。
    風のようにいつの間にか去っていく周りの人達。
    取り残されるのは、主人公。
  • 西南役伝説
    西郷好きの私はこのタイトルに惹かれて読み始めたが、思いがけない世界に深く引きずりこまれた。
    宮本常一の「忘れられた日本人」に連なる我々の根っこに触れた感覚。
  • 桜の森の満開の下
    [桜の森…]桜は本来は畏怖の対象だったというグッとくる書き出し。美しさの中にグロテスクが内包された幻想的な怪奇小説。亭主を殺された美女は、殺した山賊を尻に敷き山賊の女を殺させる。都へ移り山に戻り桜の森で鬼となり桜となる。なんとも身勝手な女と欲のままに生きた山賊。なのにどうして儚い物語になるのか。ただ...続きを読む
  • 万延元年のフットボール
    絶望感、不安感、焦燥感、虚無感、諸々の負の感情と、紙一重で一線を越えない狂気が常に漂っている。

    大事なのは常に一線を越えていないこと。常に現実味から乖離しないおかげで、誰かのハナシではなく自らの体験の延長として感じられる、そんな技術が組み込まれている。

    序盤の雰囲気作りがとても小説的でゾワっとし...続きを読む
  • 西南役伝説
    【わし共(どま)、西郷戦争ちゅうぞ。十年戦争ともな(※明治十年/1877年)。一の谷の熊谷さんと敦盛さんの戦さは昔話にきいとったが、実地に見たのは西郷戦争が初めてじゃったげな。それからちゅうもん、ひっつけひっつけ戦があって、日清・日露・満州事変から、今度(こんだ)の戦争―。西郷戦争は、思えば世の中の...続きを読む

特集