「講談社ノベルス」おすすめ作品一覧

「講談社ノベルス」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

2018/09/07更新

「講談社ノベルス」の作品一覧

ユーザーレビュー

  • インド倶楽部の謎
    待ちに待った、というより勝手に待っていただけなのだが、13年ぶりの国名シリーズである。うれしくて手汗が止まらない(書店の紙カバーがふやけた)。インド亭で行われた、とある例会が語られる導入。そこからどのように謎が展開していくのか期待を膨らませ、夢中で読んだ。さらには読者を楽しませてくれる小ネタ(?)も...続きを読む
  • 悲鳴伝
    ストーリーはひたすら残酷で後味も悪いし、登場人物が狂ってるやつばかりで気味が悪いです。でも西尾維新らしさが全開で、面白くて分厚い本書をあっという間に読み終えてしまいました。続きも読みます。
  • 空を飛ぶための三つの動機 THANATOS
    シリーズものと気付かずにこれから読んでしまったけれどとても面白かった。
    ちょっと切なくて歪で、後味は全くよくないけれどそこがいい。
    ちゃんとシリーズ最初から最初から読もうと思う。

    双子の面倒を見ている(?)刑事さんの前任者の話をTRPG的なやりとりで追っていく話。
    ゲーム形式なので当然のように勝利...続きを読む
  • 殺竜事件 a case of dragonslayer
    文庫化されたので再読。このシリーズは、著者の最良のものの1つだと思うのですが、刊行ペースが遅く、残念です。異世界を旅をテーマに描く本書は、最初に読んだ時同様瑞々しく、多くの伏線を秘め、魅力的です。今読むと、five star storiesの影響を感じました。
  • NO推理、NO探偵?
    途中、アイとユウの口調が似ていて混乱した。もう少し意図的に口調を変えた方が読者としては嬉しいかな。各話で各ジャンルのお約束に沿った内容で「お約束」の再確認(?)は役に立ちそうだし(笑)、それを踏まえた上で、ラストでしっかりまとめる趣向は楽しめた。

特集