「扶桑社BOOKS」おすすめ作品一覧

「扶桑社BOOKS」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

「扶桑社BOOKS」の作品一覧

ユーザーレビュー

  • チーズはどこへ消えた?
    世界的にベストセラーとなったビジネス書です。
    内容は絵本のようになっていて、ページ数は100に満たないのですが、変化に対応する事の大切さなどが分かりやすくシンプルに書かれています。

    あなたにとってのチーズはなんだろう?
    私は物語のどの登場人物にあたるのだろうか?
    変化に対して、前向きに考え、すぐに...続きを読む
  • ブラック企業やめて上海で暮らしてみました

    読んで良かったです。

    中国について、モヤモヤした感情を抱いている方々に、
    ぜひ一読して欲しい本です。
    日本人に対する中国人の怒りのみなもとや純粋な興味、
    日本人が嫌いでも日本製品は無自覚に生活に浸透していたりなど
    描写が的確で読みやすいです。
    中国内の地域格差や世代の違いによる日本人の好き嫌いもあり、
    一筋縄ではいかない...続きを読む
  • ヨシダ、裸でアフリカをゆく
    読んでる間中、アフリカのことばかり考えてた。
    アフリカは支援が必要な国がたくさんあると思っていたが、実際にはそこで人々は私たちと同じようにその土地に根ざした生活をしているのだ。
    内戦や飢饉で支援が必要な地域もあるが、そうではない側面のアフリカも赤裸々に描写されていて、彼女の素直な受け止め方に共感させ...続きを読む
  • 医療否定本の嘘
    がんの「放置療法」を提唱してミリオンセラーとなった近藤本に、真正面から反論した本。腫瘍内科医の著者は、正しい知識を手に入れることの大切さ、良い医療者を味方につけ、良いコミュニケーションをとることの大切さを説いています。前作よりも、構成や見出しが一般人向けにわかりやすいです。近藤本に惑わされそうになっ...続きを読む
  • チーズはどこへ消えた?
    長年続くベストセラー本は簡単に読めるという内容が中心ですが、人の生き方の核心をついていながらもさらっと読めてしまう本でした。

特集