「文春e-book」おすすめ作品一覧

「文春e-book」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

2018/08/10更新

「文春e-book」の作品一覧

ユーザーレビュー

  • コンビニ人間
    私と重なる部分がたくさんあった。
    普通って何なんでしょうか。
    大学中退。未婚。アルバイト。
    それでも毎日必死に働いて生きている事の何が悪いのでしょうか。

    読むのが辛くなる瞬間もありましたが、共感できる部分が多いからか短時間で読み終わりました。
  • そして、バトンは渡された
    なんかバトンって言うから
    勝手に陸上部の話かと思って読んだら
    全然違った w

    瀬尾まいこさん 家族書かせると
    ほんと上手

    主人公優子ちゃんの性格と立ち振る舞いが
    見ていて勇気付けられるし
    好感が持てる。

    森宮さんとの会話が
    ほんと面白くて
    大事な部分を避けて会話をしてたとしても
    お互いかけがえ...続きを読む
  • 静かな雨
    宮下奈都さん、名前はよく知ってるし、アンソロジーでは作品に触れてますが、小説は初読みです。「静かな雨」(2016.12)、2004年のデビュー作品とのこと、上質な作品でデビューされたのですね。ファンになりました。人気の高い「羊と鋼の森」も読みたいと思います。さて、本作品ですがパチンコの駐輪場にプレハ...続きを読む
  • そして、バトンは渡された
    「すべてをにんにくのせいにできるんだぜ。そう考えたら、餃子は力つけてくれる上に、嫌われ役を引き受けてくれる。万能食品だね」(森宮さん)

    「あなたみたいに親にたくさんの愛情を注がれている人はなかなかいない」(向井先生)


    17年間で父親が3人、母親が2人、家族形態が7回変わった優子。
    それぞれの親...続きを読む
  • 鵜頭川村事件
    昭和の旧弊な村を舞台にしたサスペンス。村に漂う閉塞感と、豪雨により閉ざされた不安感、そしてやがて起こる暴動への緊迫感がどれをとってもたまりません。もうタイトルと表紙を見た時から嫌な予感しかしなかったのですが(笑)。全編嫌な雰囲気に満ちていて、それでもぐいぐい読ませられます。
    先導される若者たちの姿が...続きを読む

特集