「文春e-book」おすすめ作品一覧

「文春e-book」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

2018/02/23更新

「文春e-book」の作品一覧

ユーザーレビュー

  • 生涯投資家
    コーポレートガバナンスの徹底を求めることで株式会社の経営のあり方に変革をもたらす。投資と株主還元に努めるようになれば日本経済の活性化に資する。自身の一挙手一投足の根底はこれだという。出版にあたってのメイクアップ(化粧直し)の部分もあるだろう。でも、この人の考え方ややり方、嫌いじゃない。マスコミ対応が...続きを読む
  • 悪だくみ 「加計学園」の悲願を叶えた総理の欺瞞
    文章はもう一回ブラッシュアップすればもっと読みやすくなるかな、とも思いつつも、内容に関してはピカイチ。巨悪の問題を丁寧に描き出している。加計問題はまだ何にも終わってない。それを考える良い材料だ。
  • コーランには本当は何が書かれていたか?
    1年間にわたってイスラム学者からコーランについて解説してもらいながら、ジャーナリストである著者がコーランを読んでいく。その講義を通じて、「イスラム的」とされるものの多くは地域や部族の習慣に過ぎず、コーランに書かれていないことを知る。

    著者にコーランを講義するイスラム学者のアクラムは、非常に敬虔な信...続きを読む
  • フランダースの帽子
    ラストに「!!」が待っている6編の短編小説集。シチュエーションも登場人物もとりどりで、謎はあるけど解くより流れに乗っかり、ラストの「!!」にたどり着きたくなるような物語でした。ちゃんとした夫婦モノの「カイロ待ち」とか、こういうのも好きです。いつもの繊細さや文章の美しさは減った気もするけど、こういうの...続きを読む
  • U

    はぁ〜。凄かった(*´꒳`*)
    17世紀のオスマン帝国とWW2が始まったばかりの1915年ドイツ海軍Uボートへ行けたよ!
    そして今ほど現実世界に帰ってきましたが、もっともっと読んでいたかったです。
    特にオスマン帝国の章の描写は素晴らしくて引き込まれました。そして、くるくる変わる人称が内面→表層→内面...続きを読む

特集