「文春e-book」おすすめ作品一覧

「文春e-book」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

2017/09/27更新

「文春e-book」の作品一覧

ユーザーレビュー

  • 生涯投資家
    期待通り、いや、期待以上の内容でした。

    誤解を受けることの多い村上さんですが、ご本人から真意を語っていただくことができたような印象を受ける一冊です。

    付箋は40枚付きました。
  • 会津執権の栄誉
    最初タイトルを見ても戦国時代の会津の話、もしかして伊達政宗の話かという印象でした。
    でも、タイトルの「会津執権の栄誉」までは政宗の隣の芦名家の話です。
    それも順を追って読むことで、前提知識となって「会津執権の栄誉」が生きてくる仕掛けになっています。
    なじみのない芦名家が摺上原の戦いでどう戦ったか。そ...続きを読む
  • 生涯投資家
    1990年台、著者率いる村上ファンドの悪名は有名だった。株式を大量に買い取り、経営陣に難題をふっかけて混乱を巻き起こし、その果実をむしり取っていた。と、思っていた。

    が、今になって投資や株式、経営がグローバルな視点で見られるようになり、本書を読んでみると、当時の著者の行動、発言は投資家として当然だ...続きを読む
  • あなたの隣にいる孤独
    「ぼくと、ぼくらの夏」「風少女」「夏の口紅」「枯葉色グッドバイ」「月への梯子」など、樋口有介さんの作品にはノスタルジー、切なさと優しさ、そしてあたたかな余韻が残ります。「あなたの隣にいる孤独」(2017.6)も期待通りの作品でした!
  • 羊と鋼の森
    過疎の村に生まれた主人公、自分が何をしたいか分からないでいた高校の時に、ある調律師が自分の学校のピアノの調律に来て、その仕事を見て自分は調律しになりたいと直感的に感じ、そしてその道に進む。

    彼は専門学校を出て、その調律師のいる会社に就職する。

    ピアノというものの調律って、こんなに色々な音や感性や...続きを読む

特集