「二見文庫」おすすめ作品一覧

「二見文庫」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

「二見文庫」の作品一覧

ユーザーレビュー

  • 哲学的な何か、あと数学とか
    3時間で一気に読んだ。
    フェルマー の最終定理に関する本は、藤原正彦、サイモン・シン、そして3冊目だが、軽い読み心地でありながら、数学的な意義がやくわかる良書であった。
    研鑽を積んだ天才たちが世の真理を解き明かす作業は、この上なく神聖で美しい。
  • 哲学的な何か、あと数学とか
    フェルマーの最終定理にまつわる人々のドラマ。
    情熱やロマンを強く感じさせる。
    350年、色んな人のアイデアの積み重ねでようやく解かれる時の到来がどういうものなのか数学を専門にしていなくても伝わってくる。
  • 哲学的な何か、あと数学とか
    サイモンシンの「フェルマーの最終定理」で知っている話が多かったが、やはり普通に面白かった。数学はロマンあるね!
  • 哲学的な何か、あと科学とか
    「哲学的な何か、あと科学とか」飲茶


    不完全性定理(自己言及のパラドックス)
    ある矛盾のない理論体系の中に、肯定も否定もできない証明不可能な命題が必ず存在する。
    ある理論体系に矛盾がないとしても、その理論体系は自分自身に矛盾がない事をその理論体系の中で証明できない。
    例:「私は正直者であるor嘘つ...続きを読む
  • 哲学的な何か、あと科学とか
    大変興味深い!!
    哲学って口で説明するのが難しい分野ですし、何か研究している人はやばめな人のイメージが強いですが、こんだけおもしろおかしく紹介された興味をみなさん持つと思います。
    もとがブログ?か何かだったはずですが、その軽い口調も良いです。

特集