「岩波新書」おすすめ作品一覧

「岩波新書」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

2018/07/10更新

「岩波新書」の作品一覧

コミュニケーション力
  • ブラウザ試し読み

職人
  • ブラウザ試し読み

物理学はいかに創られたか
  • ブラウザ試し読み

NEW
声優 声の職人
  • ブラウザ試し読み

NEW
データサイエンス入門
  • ブラウザ試し読み

日本人の英語
  • ブラウザ試し読み

悪について
  • ブラウザ試し読み

新しい学力
  • ブラウザ試し読み

新しい幸福論
  • ブラウザ試し読み

アベノミクスの終焉
  • ブラウザ試し読み

アホウドリを追った日本人
  • ブラウザ試し読み

医学探偵の歴史事件簿
  • ブラウザ試し読み

医学的根拠とは何か
  • ブラウザ試し読み

生きて帰ってきた男
  • ブラウザ試し読み

イギリス現代史
  • ブラウザ試し読み

イギリス史10講
  • ブラウザ試し読み

異才、発見!
  • ブラウザ試し読み

いじめ問題をどう克服するか
  • ブラウザ試し読み

異常気象と地球温暖化
  • ブラウザ試し読み

イスラーム圏で働く
  • ブラウザ試し読み

イスラーム主義
  • ブラウザ試し読み

出雲と大和
  • ブラウザ試し読み

偽りの経済政策
  • ブラウザ試し読み

医と人間
  • ブラウザ試し読み

異文化理解
  • ブラウザ試し読み

いまどきの「常識」
  • ブラウザ試し読み

医療の選択
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • キャスターという仕事
    実家に住んでいた頃は、
    よく見ていた番組、「クローズアップ現代」。

    キャスターの国谷さん、カッコいい女性だなあと思っていました。


    本書を読んで、相当な覚悟で挑んでいた番組だったことがよく分かりました。

    私事ですが、
    ちょうどこちらを読んだ時期、
    この先、無謀と思われる大きな仕事が待ち受けてい...続きを読む
  • 知的生産の技術
    仕事用のノートを作る時に、参考にさせていただいたのですが、今でも、たいへん重宝して、仕事用ノートを使っています。ノートの取り方や、メモの取り方、記録の残し方など、たいへん勉強になりました。オススメの一冊です。
  • データサイエンス入門
    データサイエンスの入門書。「入門」と言っても、データサイエンスを学ぶ人が最初に読むべき内容というより、データサイエンスをよく知らない人間がどのような領域を対象にどのような役割を果たしどのような手法が活用されているか見通すための概要書というべきか。著者は滋賀大学のデータサイエンス学部の立ち上げに学部長...続きを読む
  • 経済数学入門の入門
    タイトル通り経済数学の超入門書。経済学の本を読む時に数式が出てくるとついつい飛ばしがちでしたが、"入門の入門"という言葉に惹かれ淡い期待を抱きつつ臨んだものの、やはり難しかったというのが第一印象です。そもそも文系なのですが志望校の2次試験で数学があって微分はそれなりにやったし私大の選択科目はだいたい...続きを読む
  • 官僚たちのアベノミクス 異形の経済政策はいかに作られたか
    【混沌からの落穂】2012年の総理就任と同時に,安倍政権の目玉政策となったアベノミクス。その政策の成立過程を追いながら,現代日本の政治システムの内側を垣間見た作品です。著者は。時事通信社で解説委員等を歴任した軽部謙介。

    これは名著。政策決定プロセスを考える上でももちろん有益ですが,特に後半に描かれ...続きを読む

特集