「岩波新書」おすすめ作品一覧

「岩波新書」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

2018/09/20更新

NEW
金融政策に未来はあるか
NEW
賢い患者
885円(税込)
NEW
原民喜 死と愛と孤独の肖像
NEW
K-POP 新感覚のメディア

「岩波新書」の作品一覧

NEW
原民喜 死と愛と孤独の肖像
  • ブラウザ試し読み

パブリック・スクール
  • ブラウザ試し読み

科学者が人間であること
  • ブラウザ試し読み

空海と日本思想
  • ブラウザ試し読み

悪について
  • ブラウザ試し読み

新しい学力
  • ブラウザ試し読み

新しい幸福論
  • ブラウザ試し読み

新しい労働社会
  • ブラウザ試し読み

アベノミクスの終焉
  • ブラウザ試し読み

アホウドリを追った日本人
  • ブラウザ試し読み

医学探偵の歴史事件簿
  • ブラウザ試し読み

医学的根拠とは何か
  • ブラウザ試し読み

生きて帰ってきた男
  • ブラウザ試し読み

イギリス現代史
  • ブラウザ試し読み

イギリス史10講
  • ブラウザ試し読み

異才、発見!
  • ブラウザ試し読み

いじめ問題をどう克服するか
  • ブラウザ試し読み

異常気象と地球温暖化
  • ブラウザ試し読み

イスラーム圏で働く
  • ブラウザ試し読み

イスラーム主義
  • ブラウザ試し読み

出雲と大和
  • ブラウザ試し読み

偽りの経済政策
  • ブラウザ試し読み

医と人間
  • ブラウザ試し読み

異文化理解
  • ブラウザ試し読み

いまどきの「常識」
  • ブラウザ試し読み

医療の選択
  • ブラウザ試し読み

右傾化する日本政治
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • 賢い患者
    医師や医療に対して多くの人が不信感や不満を抱くと思うが、患者として現実的にとり得る方策を提示してくれる。医師や医療機関にどのように接すれば、望ましい医療を受けることができるか……。その提言は「新・医療にかかる10箇条」に集約する。▼(1) 伝えたいことはメモして準備(2) 対話の始まりはあいさつから...続きを読む
  • 内村鑑三 悲しみの使徒
    著者が昔日経に連載していたコラムが魅力的で、手に取った一冊。本書を読んでも内村鑑三が何を成し遂げたかはわからない(勉強不足でごめんなさい)けれど、様々な切り口で内村鑑三や携わる人々の霊性(著者のキーワード?)には触れられた気がする。本書で書かれた時代と比較して、現代は宗教が力を失った(少なくとも日本...続きを読む
  • 四季の地球科学 日本列島の時空を歩く
    やさしさがとても伝わる新書です。
    新書というジャンルではなかなか珍しい本だと思います。

    著者は地球、というものを愛しています。
    そして日本が持っている環境の特異性も愛しています。
    恐らく、日本にいても知らない日本の姿を
    この本でたくさん見ることができるでしょう。

    一応地震に関して出てきますが
    ...続きを読む
  • 原民喜 死と愛と孤独の肖像
    原民喜がここまで極端な個性の人だとは知らずにいた。あと、宮澤賢治以外で「透きとほった」って書くだけで清澄な空気があるんだって感じさせる筆力がある人がまだいるってことを知った。被爆後一時期南馬込の、多分谷中の集会所のある辺りに寄宿していたことも知れた。埴谷雄高、遠藤周作はいずれも北杜夫の随筆で知った作...続きを読む
  • 疑似科学入門
    虐待する母親の例
    虐待する母親の実数の3分の2は実母で、継母は1しかいなかった。→実母のほうが危険 
    と書いた新聞記者がいた。※児相の数の比を参考
    しかし、虐待してない母親の数を比べると圧倒的に実母のほうが多い。すると割合から言えば継母の方が虐待確率は高い。実数と割合を区別せず、事実を逆様に報道した...続きを読む

特集