「幻冬舎単行本」おすすめ作品一覧

「幻冬舎単行本」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

2018/02/21更新

「幻冬舎単行本」の作品一覧

ユーザーレビュー

  • たゆたえども沈まず
    ゴッホ、林忠正。それぞれの憧れや信念のために、馬鹿にされても歯を食いしばって生きる姿に心打たれる。でも、そんな人たちにとってのたゆたえども沈まないという言葉がとても新しく、力強い。
  • 蜜蜂と遠雷
    表現力の豊かさに驚かされる
    熱く心に沁みるものがある
    実際に彼らの演奏を聴きたいし、なんなら聴いている気までする
    とても素晴らしい作品だと思う
  • 蜜蜂と遠雷
    めっちゃ面白かったけど、めっちゃ飛ばして読んじゃった(笑)
    表現力とかすごいけど、長々の説明に疲れてしまった。
    結果はぼかすのかと思っていたけと、会話の中で出ていて
    あらそうなの?って感じ。

    天才の3人より誰よりも明石が良かったな。
  • もっと、やめてみた。 「こうあるべき」に囚われなくなる 暮らし方・考え方

    おもしろかった

    ビニール傘やプチプラアクセなどすごく身近な話題で、あるあると思いながら読みました。わたしもやめてみようかな。
  • 想いよ、逝きなさい

    墓場まで持って生きたいバイブル

    失恋をしたので、以前から崇拝しているあおいさんにすがるべくこの本を買い、数時間で読破しました。
    やはり全てここにありました。
    想いを逝かせるための方法がとても具体的に書いてあるわけではありません。
    あおいさんに肯定してもらえるわけでも、詰ってもらえるわけでもありません。ここに書いてある事の全ては、あ...続きを読む

特集