「サルマン・カーン」おすすめ作品一覧

「サルマン・カーン」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2013/09/20更新

ユーザーレビュー

  • 世界はひとつの教室
    この本は名著と呼ぶにふさわしい。著者はアメリカの人だが、日本語で読んでも違和感がなく、平易で分かりやすい。

    著者のサルマン・カーンはカーン・アカデミーというEラーニングサービスを提供している。サービス自体はそれほど目新しいものではなく、youtubeに算数や数学の授業をアップするというものだ。今な...続きを読む
  • 世界はひとつの教室
    アメリカも最も注目されている教育イノベーションを引き起こしたカーンアカデミー主宰者による著作。教育に関心のある人も起業に関心のある人も楽しめる。特に教育に関心ある人は必読。いわゆる社会起業の成長モデルとしてもとても興味深い。現在の教育の仕組み(同じ年齢の子供を一つの教室に集め、理解の達成・未達成に係...続きを読む
  • 世界はひとつの教室
    目から鱗の良書。

    「質の高い教育を、無料で、世界中の全ての人に提供する」というミッションステートメントのもとで運営されているオンラインスクール創設者よる著作。

    テクノロジーの活用によって教育を変革出来るという信念実践の現在進行形の記録。

    でも、以下の2つの文章にも納得した。

    「ミシガン大学に...続きを読む
  • 世界はひとつの教室
    著者の従妹が、代数のカリキュラムで苦しみ、以降「理解が遅い子ども」のクラスに割り振られ成績が悪化したのを、著者が救う過程で気が付いた、学校というシステムがもつ危うさを指摘しながら、自身の名で運営するにいたったWeb上の学校カーンアカデミーの生い立ちが紹介される。

    プロイセン時代に形成され、教育とい...続きを読む
  • 世界はひとつの教室
    ○米国の元ヘッジファンドのアナリストで、現在、新たなシステムを試みている(カーンアカデミー)教育者であるサルマン・カーン氏の著作。
    (感想を書くとかなり単純化しすぎてしまうが、深い内容。)
    ○現在の教育制度(主にアメリカを念頭に置いているが、日本の制度にも当てはまる)の問題点を指摘しつつ、効果的な教...続きを読む