「大川咲也加」おすすめ作品一覧

「大川咲也加」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/11/02更新

ユーザーレビュー

  • 大川咲也加の文学のすすめ~世界文学編・上~
    とにかくお勧めです。名作を書いたからといって死後の行先が天国とは限らない。同じ水を飲んで、蛇はそれから毒を作り、牛はミルクを作る。
    when a snake drinks water, it make a poison, but when a caw does, it makes a milk.
  • 大川咲也加の「文学のすすめ」~日本文学編~
    本当は5つ星以上をつけたい。近代日本の文学の単なる解説だけでなく、霊的視点からも解説がすばらしい。自分も多くの読んでいない名作がある事がわかった。
  • 祭政一致の原点
    じっくりもう一回読もう。相手が反対意見を言ってきたときに、まずは相手の意見を聞きそういう考え方もあると一回のみこみ、それから別の観点で打ち返す事も大事
  • 新・神国日本の精神
    かなり読み応えのある本。明治において、神道を西洋の宗教に似せるため、天皇を神とした一神教とし、しかも宗教位置づけず伝統行事と曖昧にした事が、他宗教の弾圧(仏教を含め)することになった。日本は聖徳太子の時代から、仏教の教えを核として、神道で包んでいた形が国体。それに背いた為、第二次大戦で敗戦した。
  • スピリチュアル古事記入門 (上巻)
    古事記、日本書紀という言葉は知っていても、古文に慣れていないと読むまでには至らない人が多いとは思う。この本は、イラストと解説しかも、霊的な背景まで結び付けて説明があり多くの人が興味深く読めると思う。