「松浦由希子」おすすめ作品一覧

「松浦由希子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2013/08/02更新

ユーザーレビュー

  • ピーター・ドラッカー マーケターの罪と罰
    「ウェストポイント式仕事術」等のベストセラ-作家が書いたドラッカ-をマ-ケティング的視点で語った本です。ただドラッカ-の語るマ-ケタ-とは日本人の考える狭い意味でのマ-ケティング活動に従事人のことではなく、むしろ経営そのものをマ-ケティングと語っていますので、本書の内容は企業経営全般に関わる内容にな...続きを読む
  • ピーター・ドラッカー マーケターの罪と罰
    ドラッカーの本を直接読むと、意味を読み解くのに苦労することも多いですが、この本は著者がドラッカーの考えを読み取り、伝える形になっているため、理解しやすい1冊だと思います。
  • ピーター・ドラッカー マーケターの罪と罰
     本書はピーター・ドラッカーに師事したウィリアム・コーエン氏がドラッカーのマーケティング論を編纂し、解説したものである。原題は「Drucker on Marketing」であるのに、日本語訳のタイトルを「マーケターの罪と罰」としたのは出版社のミスリードと言わざるを得ない。本来は「ピーター・ドラッカー...続きを読む
  • ピーター・ドラッカー マーケターの罪と罰
    著者は元空軍少将。ドラッカーに直接学んだ方。

    事業の目的は顧客創造。
    マーケティングとは顧客から見たビジネスそのもの。
    企業の機能はマーケティングとイノベーション。
    まずは戦略。
    イノベーションの7つ機会の紹介。
    予期せぬこと、ギャップの存在、ニーズの存在、産業構造の変化、人口構造の変化、認識の変...続きを読む
  • ピーター・ドラッカー マーケターの罪と罰
    ■マーケティング

    A.ドラッカーによれば、企業の正当な目的はただ1 つ、「顧客の創造」である。なぜなら、顧客は企業の基盤であり、顧客が企業を存続させている。顧客のみが雇用を生み出してくれる」からである。

    B.ドラッカーは、将来を知る方法を見つけるため、次の2 つの仮説を立てた。
    1.未来は知り得...続きを読む

特集