「若林暁子」おすすめ作品一覧

「若林暁子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/06/17更新

ユーザーレビュー

  • ポール・スローンの結果を出せるリーダーのイノベーション思考法
    リーダーや幹部向けに、組織の中でイノベーションを起こすための方法として、「イノベーションのプロセス」「水平思考の発想法」「企業風土」などについて書かれた本。

    当たり前を疑う、提案や失敗を歓迎する風土を作る、成功に甘んじず試行錯誤と変革を休みなく探求する、など、イノベーションのポイントを例を交えつつ...続きを読む
  • ポール・スローンの結果を出せるリーダーのイノベーション思考法
    イノベーションは大事。本当なのか?

    答えはあなたのビジョンが明確かどうかにかかっている。

    ビジョンに対して現状とのギャップが課題。
    そこに変革の必要性が見えてきます。
    実は現状に満足している方にとって、変革は必要ないものという。

    課題をブレイクダウンできているか。
    そこに必要なストレッチ目標設...続きを読む
  • ポール・スローンの結果を出せるリーダーのイノベーション思考法
    イノベーションを生み出せる人とは、組織とは。

    リーダーに限らず、新しいことにチャレンジしたい人に向いている本かと。
    アイデアを出すチカラは先天性のものではなく、意識すれば身に付けられると。
    あの人はいつも面白いことを考えるなぁと羨ましがっているだけではだめで、そういう人の考え方を真似られると思わな...続きを読む
  • ポール・スローンの結果を出せるリーダーのイノベーション思考法
    この本はイイ!
    イノベーションを生み出すためにどのように考えを深めていけばいいのか、わかりやすい。

    課題を謎解きのように考える問いの立て方だったり、プロセスの評価基準だったり
    細かいことも書いてある。

    何よりその風土やブレーンストーミングについて、力をいれてある。

    レイトン教授の本を見てから、...続きを読む
  • ポール・スローンの結果を出せるリーダーのイノベーション思考法
    イノベーションは、絶対必要不可欠なものだが、
    起こすためには色々な手法が理解されていないと
    単なる思い付きになってしまう。
    心構えから始まり、具体的なアクションへすらすらと読みやすかった。
    後半部分のまとめ方が少し物足りなかったものの、
    全体としては勉強になった本でした。