「手島圭三郎」おすすめ作品一覧

【手島圭三郎】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2013/04/26更新

イソポカムイ
  • ブラウザ試し読み

エタシペカムイ
  • ブラウザ試し読み

カムイチカプ
  • ブラウザ試し読み

きたきつねのしあわせ
  • ブラウザ試し読み

ケマコシネカムイ
  • ブラウザ試し読み

しまふくろういきる
  • ブラウザ試し読み

チピヤクカムイ
  • ブラウザ試し読み

とびだせにひきのこぐま
  • ブラウザ試し読み

はるのちょう
  • ブラウザ試し読み

ふぶきのとり
  • ブラウザ試し読み

ふゆのうま
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • きたきつねのしあわせ
    4:30。遠目効く。美しい版画。
    メスに先立たれたオス。最後に自分の一生を振り返る台詞以外は淡々と行動のみを描写。だからこそ読み手が考える余地を十分に与えてくれる。中年の私は、老いていく両親と日々成長する子どもを思いながら読み進めた。
  • チピヤクカムイ
    アイヌのカムイユーカラの絵本。昔、松居友さんの語りを聞いてからいつか語りたいと思っている話。福武書店版はもう一つ大きい絵本で、あのサイズを知っているとちょっと物足りない。
  • ふゆのうま
    手島圭三郎の版画の魅力が、画面いっぱいに広がる。
    登場するのは「枯れ葉の少女」と「ふゆのうま」だけ。
    秋から冬へと移り変わる模様を、このふたりが天を駆けて表現してくれる。
    ダイナミックな版画は、ときに空いっぱいの白い花や冬の鳥、冬の鹿、白いフクロウを流れるように表す。
    なんと力強く幻想的なその画面。...続きを読む
  • とびだせにひきのこぐま
    この絵本の絵はなんだろう・・・
    版画なのだろうか。
    絵本というよりも、芸術作品という感じがする。
    そういう意味では、子ども向きというよりは、大人向きかもしれない。
    しっとりとした寂しさ感が漂う作品である。

    ただ、この絵や内容を見て思ったことが1点ある。
    それは、相原コージの「かってにシロクマ」と絵...続きを読む
  • カムイチカプ
    カムイチカプとは アイヌの言葉で鳥の王、神の鳥という意味です。北海道でもっとも大きな鳥だというシマフクロウを、アイヌの人はカムイチカプと呼びました。

    カムイチカプと呼ばれたシマフクロウは、高い木のてっぺんにとまり、海を眺めていた。海ではシャチの群れが泳いでいた。
    若いシャチたちは、シマフクロウを恐...続きを読む