「オーデッド・シェンカー」おすすめ作品一覧

【オーデッド・シェンカー】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2013/04/12更新

ユーザーレビュー

  • コピーキャット―模倣者こそがイノベーションを起こす
    イノベーションは既存の要素の組み合わせ、というのはよくいわれる話。本書は、イノベーションは、そのものよりも、その後の改良こそが生産を上げる、先駆者よりも、後続者のほうがその利益を享受する、と指摘する、いわば模倣礼賛の書。基本的に賛同。他者から謙虚に学ぶことは常に大事。韓国からも中国からも東南アジアか...続きを読む
  • コピーキャット―模倣者こそがイノベーションを起こす
    イノベーション + イミテーション =>イモベーション

    イノベーション戦略と同じ重み・力の入れ具合で、模倣戦略というかベンチマーク戦略というかを明確的に組織戦略の中に取り入れようという筆者の提言。
    イノベーション至上主義がはびこっているビジネス界隈に、煎じて飲ませたい本である。
  • コピーキャット―模倣者こそがイノベーションを起こす
    どこの会社でも言われていると思うが、他社のキャッチアップだけでは差異化できず価格競争に陥ってしまうので、盛んにイノベーションが取り沙汰されている。しかし、いざ先行開発をしてみても何をして良いかわからないし、当たるかどうか疑問視されてしまう。この本はそんな事態を打開する視点を与えてくれる。模倣=デッド...続きを読む
  • コピーキャット―模倣者こそがイノベーションを起こす
    人類がここまで発展してきた理由のひとつが「模倣」能力であることは、おそらく周知のとおりだろう。
    一方、経営やビジネスの世界では未だ「模倣」を忌避する傾向があり、真正面から取り扱われることは少ないようである。
    本書は、こうしたビジネス上の「模倣」が、実際のところ「イノベーション」と同等又はそれ以上に重...続きを読む
  • コピーキャット―模倣者こそがイノベーションを起こす
    普段嫌われている模倣がイノベーションをもたらす。

    ほら、小売ではウォルマートが他企業の良いところを卓越された資本でコピーして今の地位にいるし。

    カンバン方式を車作り以外に使うって話も模倣でしょ。

    という本でした。
    なんかの本で、徹底的にパクれ!って言っていたのを思い出しましたが、よくわかる事例...続きを読む