「大河原遁」おすすめ作品一覧

「大河原遁」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:大河原遁(オオガワラトン)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1968年01月03日
  • 出身地:日本 / 群馬県
  • 職業:マンガ家

『かおす寒鰤屋』、『王様の仕立て屋~サルト・フィニート~』、『王様の仕立屋~サルトリア・ナポレターナ~』などの作品を手がける。

配信予定・最新刊

作品一覧

2017/09/01更新

ユーザーレビュー

  • 王様の仕立て屋~サルトリア・ナポレターナ~ 7
     アメリカでステーキチェーンを展開するジョー・ローリングがイタリア進出を狙い、ジラソーレからの紹介で織部の店を訪れる「魅惑のシャツ」編である。
     今回は連作短編。少しずつ理解を進めるような形で、様々なシチュエーションで使えるスーツとシャツの組み合わせを紹介している。イタリアにおける白シャツのフォーマ...続きを読む
  • 王様の仕立て屋~サルトリア・ナポレターナ~ 3
     仕立て屋協会の抗争が丸く収まる第三巻である。グランドジャンプPREMIUMでの連載が終わった、一応ひと段落した巻でもあるだろう。
     内訌が外圧によって解消されるというのは間々あることであるが、ここでも中国からの人材引き抜きによって後継者問題に改めてスポットが当たり、両派が協力して次世代を育てる服飾...続きを読む
  • 王様の仕立て屋~サルトリア・ナポレターナ~ 13
     ジラソーレの総務アンナの支店長就任か、にまつわる形で展開された「ハートウォーミング・チェック」編。依頼のほとんどはスコットランドでの発掘事業にかかわった形のもので、あちらの各種チェック柄をクラシックでどう活かすかが問われている。
     今回で一つの区切り、テコ入れのために次なるシリーズへと移行する本作...続きを読む
  • 王様の仕立て屋~サルトリア・ナポレターナ~ 11
     ツッパリ系ルポライターのチェレスティーノ・バルツァーギをキーキャラとした「モノトーンの彩り」編である。
     彼の曾祖父、北部財界に影響を与える財閥総帥に彼のスタイルが忌み嫌われている人間関係をベースに、その関係をほぐす過程で出会ったフリーアナウンサーのサブリナ嬢との恋愛なども挟み、しかもその背景には...続きを読む
  • 王様の仕立て屋~サルトリア・ナポレターナ~ 8
     今回は再びのジョナタ。油虫と忌み嫌われる織部の兄弟子リッカルドと対決しながら彼がモードの奥深い世界を垣間見る「仕立て学校 モード×クラシック」編である。
     修行に嫌気の差したジョナタがモードへの転向を狙うも、リッカルドとの対決を通じて己の土台の脆さを実感していく改心の物語となっているが、非常にスマ...続きを読む