イアン・マグワイアの一覧

「イアン・マグワイア」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/09/14更新

ユーザーレビュー

  • 北氷洋―The North Water―(新潮文庫)
    汚くて不快で登場人物も入れ込めないようなキャラばかりで何度か巻を置こうとしたが、100ページあたりから一気に面白くなってきた。殺人事件、大きな企て、活劇…。なかなかの冒険小説だった。
  • 北氷洋―The North Water―(新潮文庫)
    かなり、エグいです。暴力と性描写と血みどろの狩猟が数回あり。サバイバル好きで、それらにあるていど免疫あるかたなら、じゅうぶん楽しめると思います。

    おびに「現代の白鯨」と書いてあり、「白鯨」読んだことないのですが、問題なくおもしろかった。読んだことあるかたなら、比べたりしてもっと楽しめるのかも。

    ...続きを読む
  • 北氷洋―The North Water―(新潮文庫)
    不穏で波乱に満ちた流れにのって一気に読んだ。
    面白かったけど登場人物の半数が下劣で下品。もう少し酷かったら読むのを諦めていたと思う。

    軍役によって道徳を踏みにじられたサムナー医師の、それでもちらちら顔を覗かせる同情心が唯一の救い。
    この先もクマに食べられませんように。
  • 北氷洋―The North Water―(新潮文庫)
    暴力描写が多いがもう一歩踏み込んでほしかったともおもう、けど獣との闘いなんかはわりと細かく書き込まれてて読んでてたのしかった。
  • 北氷洋―The North Water―(新潮文庫)
    時代と社会の持つ背景がよくわからず、主な乗組員のひと癖ふた癖も雰囲気くらいしか理解できず、あまりのめり込めなかった。
    帯のあおりにはそうなの?と思い、カバーのあらすじ後半はそう言えるかもと思ったくらい。