「パトリシア・コーンウェル」おすすめ作品一覧

  • 作者名:パトリシア・コーンウェル(パトリシアコーンウェル)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1956年06月09日
  • 出身地:アメリカ
  • 職業:作家

ノースカロライナ州のデイヴィッドソン・カレッジ卒。『検屍官』でエドガー賞 処女長編賞とCWA賞 最優秀処女長編賞を受賞。その他『警察官アンディ・ブラジル シリーズ』、『捜査官ガラーノ シリーズ』などの作品を手がける。アメリカの女流推理作家。

作品一覧

2016/01/22更新

受賞作品

ユーザーレビュー

  • 業火

    辛い。このシリーズを読んでいて一番辛い。この作者ならやりかねんという展開でもあるけど、やはり辛すぎる。

    でも、現実世界で犯罪捜査や解決に携わる人たちの間では、こうした悲劇が頻繁に起きているのかもしれません。だからと言って、主人公のケイの気持ちが和らげられるわけではないですが。

    この後の作品で、こ...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • 審問

    上巻でちらついていたシャンドンの姿の見えない共犯者が誰かがついにはっきりして、やっぱりこの人だったのね!とは思ったものの…それによってケイの恋人だったベントンの死の真相までが明らかになって驚きました。
    一連の事件と共にそれが霧が晴れる様に明らかになっていく様子がスリリングでとても面白かったです。

    ...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • 審問

    前作「警告」の続編なのですね。

    連続殺人事件の容疑者であるシャンドンに危うく殺されかけたケイの視点で描かれていることで、犯罪被害者にとって犯罪に遭ってしまったこと自体もそうですが、その後の人生の方がいかに過酷で苦しみに満ちているかということが、ひしひしと伝わってきました。
    色んな意見があるでしょう...続きを読む

    Posted by ブクログ

特集