アラン・ブラッドリーの一覧

「アラン・ブラッドリー」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/09/02更新

ユーザーレビュー

  • パイは小さな秘密を運ぶ
    11歳の少女・フレーヴィアは「化学」と運命的な出会いを果たし、今は実験と毒に夢中。いじめた姉に復讐するにも化学を使う。
    時にいじらしく、時には少女の仮面をかぶり、そして化学の知識で犯人に迫っていく少女探偵のシリーズです。11月に④サンタクロースは雪の中 が出ました。
  • パイは小さな秘密を運ぶ
    ミステリーですが、児童文学っぽい雰囲気です。
    主人公のフレーヴィアが超・個性! 化学大好きのおてんば娘。
    謎よりも、フレーヴィアの冒険に焦点があっています。
    生意気な女の子なんだけど、私を愛している人は誰もいない、なんて回想するところはちょっと胸にグッと来ました。
  • 人形遣いと絞首台
    シリーズ一冊目(パイは小さな秘密を運ぶ)で挫けてはいけません。…いやわたしも挫けそうになりましたが。
    主人公フレーヴィアの不安定さがミステリとしてというよりもジュブナイルとして面白い。わたしが好きなのはP400〜401。11歳の少女のこのたくましいとも酷薄とも諦念とも見える世界への目線。彼女はその発...続きを読む
  • 人形遣いと絞首台
    1950年のイギリスの田園地帯。切手収集にしか興味のない父と意地悪な姉たち、そして執事とも庭師とも付かない従者とともに暮らす11才の主人公フレーヴィアが、身の回りで起きる事件の解決のためちょこまか駆けまわって・・・というシリーズ。

    継続的に没落しつつある下層ジェントリ、生活の中に浸透しつつある電化...続きを読む
  • 人形遣いと絞首台
    雰囲気が最高に好き!イギリスに行きたい。
    あとラストのテレビのくだりのお父さんがいい。
    お姉さんのキャラクターもいい。先がすっごく楽しみ!