「ロバートPクリース」おすすめ作品一覧

  • 作者名:ロバートPクリース(ロバートピークリース)
  • 職業:大学教授

『世界でもっとも美しい10の科学実験』などの作品を手がける。

作品一覧

2012/05/25更新

ユーザーレビュー

  • 世界でもっとも美しい10の科学実験

    「~にとって美とは何か」と言えば、吉本隆明『言葉にとって美とは何か』を思い浮かべる。著者も真剣に「実験にとって美とは何か」を問う。それは、「深いこと」、「効率的であること」、「決定的であること」としている。『フィジックス・ワールド』の読者アンケートで選ばれた本書で挙げられた10の実験は多かれ少なかれ...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • 世界でもっとも美しい10の科学実験

    素人にも分かるものから取り上げられていて嬉しかった。役立つのが基準ではなくて、「美しい」のが基準。ちなみに一番目は紀元前3世紀、エラトステネスが地球の周径を計った実験。
    紀元前三世紀であっても、数学の単純な定理(円周の比、錯角)が分かっていれば、地球という大きなものの周径すら知ることができる、という...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • 世界でもっとも美しい10の科学実験

    著者が国際的科学雑誌《フジックス・ワールド》誌上で行った「もっとも美しい科学実験」についての読者アンケート調査から生まれた一冊。「もっとも重要な科学実験」ではなく「もっとも美しい科学実験」であるところにとても興味が惹かれました。

    「美しい科学実験」とは何か?
    著者は本書の中で美しい実験がもつべき要...続きを読む

    Posted by ブクログ